稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【愛知】赤岩善生選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
愛知支部394682期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.9762.60%80.00%115回8回
赤岩善生選手 特徴

赤岩 善生(あかいわ よしお)選手は、愛知支部に所属するA1級の競艇選手。第82期生で、同期に坪井康晴選手、菊地孝平選手らがいる。弟子に宇野弥生選手がいる。

赤岩善生選手は、愛知県立岡崎東高等学校を卒業し、一時的に航空自衛隊に入っていたが、競艇選手を目指し受験をし合格。1998年5月15日に常滑競艇場でデビューを果たした。結果は5着。

赤岩善生選手は、1999年12月5日に下関競艇場で開催された一般競走で初優勝、2004年11月16日に丸亀競艇場で開催された新鋭リーグ第21戦にて完全勝利を収めた。その後2006年12月24日に住之江競艇場で開催された賞金王シリーズ戦においてSG初優勝を収めた。

2009年11月8日に桐生競艇場で開催された「G1モーターボート大賞」にてG1初制覇をし、2010年8月1日の戸田競艇場での一般競走の優勝戦にてデビューから12年2ヶ月と17日で通算1000勝を達成。しかし、2012年11月14日に常滑競艇場で開催された「G1マーメイドグランプリ 開設59周年記念」の準優勝戦にてスタート事故を起こしてしまい、G1・G2競走3ヶ月の斡旋停止となってしまった。

2018年4月18日に江戸川競艇場で優勝を果たす。これにより史上21人目となる全24競艇場制覇者となった。

赤岩善生選手の特徴・得意なコース

続いては、赤岩善生選手の得意なコースを見ていこう。

赤岩善生選手は、蒲郡競艇場を得意としており、当場での強さを他を圧倒している。特に2011年12月の東海地区戦(G1)から2012年8月の一般戦まで5節連続で優勝している。ちなみにこれは、2011年7月のSGオーシャンカップ優勝戦2着から始まっている。

赤岩善生選手は、どのコースからでも戦えるほどの操縦技術を持っているものの、勝利を追求するためか、イン寄りのコースが狙えるようであればとことん狙う傾向にある。

平均スタートタイミングは0.16で、SGクラスの競艇選手の中では平均的である。しかし、6コースに入った場合は、若干遅めのスタートとなり、それに伴い勝率も下がってしまう傾向がある。

赤岩善生選手の特徴として、賞金王を取るための追及はすさまじく、競艇場では笑顔を見せることが稀ということが挙げられる。タイトル数で言うと少ないが、確かな操縦技術を持っており、強豪競艇選手を相手取っても1着を獲る実力を十分に持っている。

赤岩善生選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第21回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦(2006年12月24日・住之江競艇場)

G1の優勝歴

  • 桐生モーターボート大賞(2009年11月8日・桐生競艇場)
  • 第55回東海地区選手権競走(2010年2月7日・常滑競艇場)
  • 戸田グランプリ開設54周年記念(2010年11月10日・戸田競艇場)
  • 第57回東海地区選手権(2011年12月14日・蒲郡競艇場)
  • オールジャパン竹島特別開設57周年記念競走(2012年4月8日・蒲郡競艇場)
  • 宮島チャンピオンカップ開設64周年(2018年5月15日・宮島競艇場)

G2の優勝歴

  • 三国モーターボート大賞~企業杯優出者バトル~(2018年7月10日・三国競艇場)
ページトップへ