稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【愛知】平本真之選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
愛知支部433796期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.5458.50%70.37%135回9回
平本真之選手 特徴

平本 真之(ひらもと まさゆき)選手は、愛知支部に所属するA1級の競艇選手。第96期生で、師匠に上島久男選手、妻に平本さやか選手、同期に新田雄史選手、魚谷香織選手、篠崎元志選手らがいる。

平本真之選手は、愛知県立刈谷工業高等学校卒業後、3度目の受験でやまと競艇学校に合格し、リーグ戦勝率7.30(準優出5、優出5、第4戦優勝)の成績を残し、卒業記念競走に優出。

2005年5月20日に蒲郡競艇場でデビューし、翌21日の1Rで初勝利した。その後デビューから2年半でA1に初昇格。2008年2月26日に常滑競艇場で開催された「第55回マーメイドグランプリ」でG1初出走し、同年4月27日に常滑競艇場で開催された「とこなめスプリングカップ」で初優勝した。

2009年4月8日に常滑競艇場で開催された「第56回マーメイドグランプリ」5日目4RにてG1初勝利、2010年8月24日に蒲郡競艇場で開催された「第56回モーターボート記念競走」でSG初出走し、同日の8RでSG初勝利を果たした。

2014年12月23日に平和島競艇場で開催された「第29回賞金王シリーズ」でSG初優勝を飾り、2015年3月8日に常滑競艇場で開催された「G1開設61周年記念競走・トコタンキング決定戦」で念願の地元周年を獲得した。

平本真之選手の特徴・得意なコース

続いては、平本真之選手の得意なコースを見ていこう。

平本真之選手の特徴を見ていくと、進入コースは基本的に枠なりで、強引なインコース取りや前づけをほとんど行わないという点が挙げられる。どのコースからでも1着を獲る実力を持っているが、3コースを少々苦手としているように思える。

平均スタートタイミングは0.13で、かなり早いスタートタイミングとなっている。

平本真之選手は全速ターンを得意としており、どのコースからでも勝負できる操縦技術を持っていて、どのコースからでも1着または連に絡んでくることから、平本真之選手が登場するレースは注目するべきである。

平本真之選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第29回グランプリ(賞金王決定戦)/グランプリS – シリーズ戦(2014年12月23日・平和島競艇場)
  • 第43回ボートレースオールスター(2016年5月29日・尼崎競艇場)

G1の優勝歴

  • 全日本王座決定戦 開設59周年記念(2012年2月12日・芦屋競艇場)
  • 第60回東海地区選手権(2015年2月15日・浜名湖競艇場)
  • 開設61周年記念競走 トコタンキング決定戦(2015年3月8日・常滑競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ