稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【三重】井口佳典選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
三重支部402485期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.9952.90%77.45%102回6回
井口佳典選手 特徴

井口 佳典(いぐち よしのり)選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。第85期生で、田村隆信選手や湯川浩司選手をはじめとする銀河系軍団の一員とされている。弟子に新田雄史選手、平田健之佑選手らがいる。師匠は森岡正博元選手で、妻は井口真弓(旧姓:新田)元選手。

井口佳典選手は、高校卒業後、サラリーマン時代を経て本栖研修所に入所した。本栖リーグでの勝率は7.15と優秀で、85期中2位(1位は田村隆信選手)であった。卒業記念競走の優勝では、田村隆信選手に次いで2着に入った。

井口佳典選手は、1999年11月17日に津競艇場でデビューし、翌2000年3月12日に三国競艇場で初勝利、その後2001年12月17日に平和島競艇場で初優出され、翌2002年2月17日で初優勝を収めた。デビュー5期目にしてA1級へと昇格されたが、5年目にB2級に降格していた。これにより同期の選手に比べると、G1競走への斡旋が少なかった。

2003年1月28日に丸亀競艇場で開催された「第17回 新鋭王座決定戦」にG1初出走し、2006年1月29日に唐津競艇場で開催された「第20回 新鋭王座決定戦」でG1初優出した後、同年3月30日に住之江競艇場で開催された「開設49周年記念 太閤賞」でG1初優勝を収めた。SG競走においても、2005年8月30日に若松競艇場で開催された「第51回 モーターボート記念競走」でSG初出走し、2007年3月31日に平和島競艇場で開催された「第42回 総理大臣杯」でSG初優出したのち、翌2008年6月1日に平和島競艇場で開催された「第35回 笹川賞」でSG初優勝を果たした。

2007年12月に福岡競艇場で開催された「第22回 賞金王決定戦」に出場した。初出場でありながらも優勝戦に出場したが、スタート直後に湯川浩司選手と絡み合う形でエンスト失格(選責外)となってしまった。翌2008年12月には住之江競艇場で開催された「第23回 賞金王決定戦」に出場し、揃ったスタートより安定して1マークを旋回し、一気に逃げ切り決定戦を初制覇し、1年前の雪辱を果たすこととなった。

2012年7月22日に尼崎競艇場で開催された「第17回 オーシャンカップ」に予選2位で突破し、準優勝戦へと順調に勝ち上がった後、優勝戦も1番人気でに応える形で、イン速攻(決まり手は逃げ.12)で優勝し、SGV5を果たした。ちなみに、井口佳典選手は、「FNSの日」を見ていたことから寝不足であったとこの日のインタビューで話している。

2014年8月30日に「モータボート記念競走」に通算1,000勝を達成した。

井口佳典選手の特徴・得意なコース

続いては、井口佳典選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

井口佳典選手の特徴として、平均スタートタイミングが0.13と非常に早いスタートタイミングとなっている。フライングをはじめとしたスタート事故が少なく、フライングを恐れないというそのスタート度胸に由来して「ブチ込み王子」と呼ばれることがある。

井口佳典選手の進入コースは基本的に枠なり進入で、機会があれば少しでも内寄りのコースを狙う傾向にある。その反面、強引な前づけや内寄りのコースを積極的に狙うということは基本的にない。

近年の井口佳典選手は、スタート力にさらに磨きがかっており、トップスタートからの全速戦を得意としている。勝率も高く、スタートや操艇技術はトップレベルであり、賞金ランキングでも常に上位争いをしているほどの実力を持っているため、井口佳典選手が登場するレースは注目である。

井口佳典選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第35回 笹川賞(2008年6月1日・平和島競艇場)
  • 第23回 賞金王決定戦(2008年12月23日・住之江競艇場)
  • 第24回 賞金王決定戦(2009年12月23日・住之江競艇場)
  • 第39回 笹川賞(2012年5月27日・浜名湖競艇場)
  • 第17回 オーシャンカップ(2012年7月22日・尼崎競艇場)
  • 第53回 総理大臣杯(2018年3月21日・浜名湖競艇場)

G1の優勝歴

  • 開設49周年記念 太閤賞(2006年3月30日・住之江競艇場)
  • 開設55周年記念 つつじ賞王座決定戦(2007年6月21日・津競艇場)
  • 開設53周年記念 オールジャパン竹島特別(2008年5月22日・蒲郡競艇場)
  • 全日本覇者決定戦 開設58周年記念競走(2010年6月8日・若松競艇場)
  • 開設59周年記念 つつじ賞王座決定戦(2011年9月22日・津競艇場)
  • 第58回 東海地区選手権(2013年1月29日・津競艇場)
  • 開設61周年記念 つつじ賞王座決定戦(2013年7月18日・津競艇場)
  • 児島キングカップ 開設61周年記念競走(2013年9月30日・児島競艇場)
  • 開設60周年記念競走 マーメイドグランプリ(2014年3月13日・常滑競艇場)
  • 徳山クラウン争奪戦 開設61周年記念競走(2014年9月21日・徳山競艇場)
  • 戸田プリムローズ 開設59周年記念(2016年3月8日・戸田競艇場)
  • 開設60周年記念 太閤賞(2016年7月31日・住之江競艇場)
  • 第62回 東海地区選手権(2017年2月23日・津競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ