稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【岡山】山口達也選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
岡山支部437097期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.4045.30%59.37%128回5回
山口達也選手 特徴

山口 達也(やまぐち たつや)選手は、山口支部に所属するA1級の競艇選手。第97期生で、同期に西山貴浩選手、土屋智則選手らが、弟子に薮内瑞希選手がいる。

山口達也選手は、2005年11月に児島競艇場で開催された一般競走でデビューし、最終日にて初めて1着に入った。同年12月に宮島競艇場で開催された一般競走で初優出した。その後2007年9月に常滑競艇場で開催された一般競走にて初優勝を飾った。

2011年9月に桐生競艇場での赤城雷神杯にてG1初出走を果たし、G1初優出して3着に入った。同年10月に平和島競艇場で開催された「全日本選手権」でSG初出走を果たした。

2013年7月3日に地元の岡山支部の後輩である守屋美穂選手と結婚。守屋美穂選手の実兄である守屋大地選手は義兄に当たる。

山口達也選手の特徴・得意なコース

続いては、山口達也選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

山口達也選手の平均スタートタイミングは0.15と、平均的なスタートタイミングとなっている。スタート事故も少なく、スタートを苦にはしていないという特徴がある。

山口達也選手の進入は枠なり進入。以前は深い起こし位置を覚悟し、意欲的なコース取りを得意としていたが、現在はこの傾向にある。コース別3連対率を見てみると、1コースは85.7%、2コースは75%とインコース寄りになるほど高いが、その一方で6コースは5.9%と著しく低い。

山口達也選手は、一般戦やGⅢ競走においてコンスタントに優勝している。SGやG1競走での優勝歴はないものの、優勝争いに絡んでくるほどの力を持っている。インコースに山口達也選手が入るレースは注目である。

ページトップへ