稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【静岡】渡邉英児選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
静岡支部350267期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.5544.60%71.06%159回6回
渡邉英児選手 特徴

渡邉 英児(わたなべ えいじ)選手は、静岡支部に所属するA1級の競艇選手。第67期生で、同期に大場敏選手、後藤浩選手、市川哲也選手らがいる。

渡邉英児選手は、1990年にデビューし、1998年8月2日に浜名湖競艇場で開催された周年記念競走「浜名湖賞」にてG1初優勝を飾った。

2006年に32走連続で2連対を記録。

2018年4月22日に福岡競艇場で開催されたプレミアムG1競走「第19回 マスターズチャンピオン」では1週目1マークで今村豊選手が脱落し、先頭を奪い逃げ切り優勝。ちなみに2000年代以降では初のG1優勝である。

渡邉英児選手の特徴・得意なコース

続いては、渡邉英児選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

渡邉英児選手の特徴として、平均スタートタイミングが0.18とかなり遅いスタートタイミングとなっているがアウトコースになると若干早くなる。また、スタートが慎重であることから、スタート事故が極めて少ない。

渡邉英児選手はコース別3連対率で見てみると、1コースが90.9%、2コース、3コースが80%台となっており、一方で6コースでは連対した経験がない。

渡邉英児選手は、SG競走では優勝経験がなく、G1競走での優勝経験も少ない。一般競走での優勝歴が多いものの、連対率が比較的高く、優勝争いに絡んでくるほどの実力を持っている。一般戦競走

渡邉英児選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 浜名湖賞 開設45周年記念競走(1998年8月2日・浜名湖競艇場)
  • 第19回 マスターズチャンピオン(2018年4月22日・福岡競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ