稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【徳島】田村隆信選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
徳島支部402885期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.8343.00%60.16%123回4回
田村隆信選手 特徴

田村 隆信(たむら たかのぶ)選手は、徳島支部に所属するA1級の競艇選手。85期生で、同期に井口佳典選手、湯川浩司選手、森高一真選手、山本隆幸選手、丸岡正典選手、田口節子選手、森高一真選手らがいる。

田村隆信選手は、高校卒業後に約2年間建設器機の修理の仕事をしていた。その当時付き合っていた彼女の実父に競艇選手を勧められ、一緒に見に行った「総理大臣杯競走」(1998年3月22日・丸亀競艇場)の優勝選手・西島義則選手の姿を見て競艇選手への憧れを持った。その後本栖研修所に入所し、その10日後に彼女と入籍。

研修所時代は、リーグ戦勝率1位を記録し、85期卒業記念競走では1号艇であるにも関わらず、大外である6コースを選んで優勝して本栖チャンプとなっている。ちなみに、これは競艇学校創立以来初の快挙

田村隆信選手は、1999年11月19日に地元である鳴門競艇場で開催された「桐生・鳴門親善都市 第19回報知うずしお杯競走」の2Rでデビューし、デビュー戦にして初優勝を飾った。翌2000年6月19日に丸亀競艇場で開催された「RNC杯サンセバスティアン親善マッチ」で初優出した。

2001年1月15日に蒲郡競艇場で開催された「日本レジャーチャンネルカップ競走」で初優勝を飾った。同年2月1日に鳴門競艇場で開催された「第44回 四国地区選手権競走」でG1初出場し、4号艇からまくりG1初勝利、6日にG1初優出し、優勝戦では3着に入った。また、この年の11月20日に児島競艇場で開催された「第4回 競艇王チャレンジカップ競走」でSG初出場し、12月22日に住之江競艇場で開催された「第16回 賞金王決定戦競走」4日目の2RでSG初勝利を飾った。

2002年9月1日に蒲郡競艇場で開催された「第48回 モーターボート記念競走」でSG初優出し、優勝戦では6号艇から5着に入った。

2003年2月2日に丸亀競艇場で開催された「第17回 新鋭王座決定戦競走」で、1コースから逃げ切りG1初優勝を飾った。

2004年8月2日に開催された「第9回 オーシャンカップ競走」で、4号艇からまくりSG初優勝を飾った。この流れに乗り、11月28日に児島競艇場で開催された「第7回 競艇王チャレンジカップ」を制し、登録番号4000番台の競艇選手では初の賞金王決定戦への出場を果たした。

2007年6月12日に蒲郡競艇場で開催された「オールジャパン竹島特別 開設52周年記念競走」で、1コースから逃げ切り通算500勝を達成した。

2014年7月20日に丸亀競艇場で開催された「第19回 オーシャンカップ」で、1コースから逃げ切り通算1000勝を達成した。

2016年7月20日に三国競艇場で開催された「スカパー・ブロードキャスティング杯」で、1コースから逃げ切り通算50優勝を達成した。

田村隆信選手選手の特徴・得意なコース

続いては、田村隆信選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

田村隆信選手の進入は基本的に枠なり進入だが、イン寄りのコースも積極的に狙う特徴がある。

田村隆信選手の平均スタートタイミングは0.14で、SGクラスの競艇選手の中でも早めのスタートタイミングとなっている。特に1コースからのスタートの場合は0.11と非常に早い。

田村隆信選手は、若いころに比べて苦戦を強いられているが、それでも毎年賞金ランキングに食い込んでくる実力を持っており、良いモーターを引き当てた節のレースは注目である。

田村隆信選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第9回 オーシャンカップ競走(2004年8月2日・若松競艇場)
  • 第7回 競艇王チャレンジカップ(2004年11月28日・児島競艇場)
  • 第14回 チャレンジカップ競走(2011年11月27日・多摩川競艇場)

G1の優勝歴

  • 第17回 新鋭王座決定戦競走(2003年2月2日・丸亀競艇場)
  • 宮島チャンピオンカップ(2003年12月9日・宮島競艇場)
  • 鳴門モーターボート大賞競走(2008年11月16日・鳴門競艇場)
  • 近松賞 開設56周年記念(2009年1月16日・尼崎競艇場)
  • 第52回 四国地区選手権競走(2009年2月5日・鳴門競艇場)
  • 京極賞 開設58周年記念競走(2010年4月9日・丸亀競艇場)
  • 江戸川ダイヤモンドカップ(2011年11月17日・江戸川競艇場)
  • ダイヤモンドカップ(2013年11月8日・丸亀競艇場)
  • 全日本王者決定戦 開設60周年記念(2014年1月19日・唐津競艇場)
  • 第60回 四国地区選手権競走(2017年2月25日・鳴門競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ