稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【岡山】吉田拡郎選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
岡山支部416690期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.9544.90%58.47%118回4回
山本隆幸選手 特徴

吉田 拡郎(よしだ かくろう)選手は、岡山支部に所属するA1級の競艇選手。90期生で、同期に石野貴之選手、赤坂俊輔選手、宇野弥生選手らがいる。

吉田拡郎選手は、2002年5月10日に児島競艇場で開催された「第3回 JLCカップ」でデビュー。吉田拡郎選手は、デビュー戦ながら6コースからまくり差しを決めて初優勝を飾った

2003年4月20日に児島競艇場で開催された一般競走で初優出し、優勝戦では6コースから4着に入った。

2004年7月1日に徳山競艇場で開催された「徳山クラウン争奪戦 開設51周年記念競走」でG1初出場し、5コースから3着に入った。2日目の4Rでは2コースからまくり差しを決めてG1初勝利を飾った。

2007年11月15日に児島競艇場で開催された「競艇キングカップ 開設55周年記念」でG1初優出し、優勝戦は5コースから2着に入った。翌2008年12月18日に住之江競艇場で開催された「第23回 賞金王決定戦」でSG初出場して2コースから2着に入った。

2009年3月17日に多摩川競艇場で開催された「第44回 総理大臣杯競走」でSG初勝利を飾った。翌2010年9月28日に浜名湖競艇場で開催された「静岡県知事杯争奪戦 浜名湖 開設57周年記念」で2コースから抜きを決めて勝利し、通算500勝を達成した。

2012年3月20日に戸田競艇場で開催された「第47回 総理大臣杯」でSG初優出し、優勝戦では4着に入った。

2014年4月14日に大村競艇場で開催された「開設62周年記念 海の王者決定戦」で1コースから逃げ切りG1初優勝を飾り、7月21日に丸亀競艇場で開催された「第19回 オーシャンカップ」でも1コースから逃げ切りSG初優勝を飾った。

2017年4月28日に福岡競艇場で開催された「日本トーター杯」で1コースから逃げ切り、通算1,000勝を達成した。

吉田拡郎選手の特徴・得意なコース

続いては、吉田拡郎選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

吉田拡郎選手の平均スタートタイミングは0.17で、かなり遅めのスタートタイミングとなっているが、5コースからは0.15とやや早くなるという特徴がある。また、スタート事故も少なく、スタートを苦にはしていないよう。

吉田拡郎選手は、SGやG1競走での優勝歴が少ないが、一般戦にて優勝争いに絡んでくる実力を持っている。また、SG競走やG1競走にもコンスタントに優勝争いに絡んでくるため、ある程度チェックしておきたい。

吉田拡郎選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第19回 オーシャンカップ(2014年7月21日・丸亀競艇場)

G1の優勝歴

  • 開設62周年記念 海の王者決定戦(2014年4月14日・大村競艇場)
  • 第45回 高松宮記念特別競走(2017年9月11日・住之江競艇場)

G2の優勝歴

  • 津モーターボート大賞(2011年7月11日・津競艇場)
  • ドリームユース決戦 モーターボート大賞(2012年12月4日・丸亀競艇場)
  • 宮島モーターボート大賞(2014年7月10日・宮島競艇場)
ページトップへ