稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【福岡】田頭実選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
福岡支部325758期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.9868.40%81.52%92回4回
田頭実選手 特徴

田頭 実(たどう みのる)選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。第58期で、同期に平石和男選手、三角哲男選手らがいる。

田頭実選手は1986年にデビューし、11年後の1997年に若松競艇場で開催された「施設改善記念特別競走(現・ダイヤモンドカップ競走)」でG1初優勝を飾った。

1999年7月20日に若松競艇場で開催された「第4回オーシャンカップ競走」にて、長岡茂一選手との死闘を制しSG初優勝を飾った。

2004年10月31日に福岡競艇場で開催された「第51回 全日本選手権競走」で1コースから逃げ切り2度目のSG優勝を飾った。

2005年に若松競艇場で開催された「ダイヤモンドカップ」では、期間中にフライング3本(フライング休み180日、4本目は引退勧告)という状況にありながら、通常どおりのスタート攻勢でG1制覇という離れ業を成し遂げた。

田頭実選手の特徴・得意なコース

続いては、田頭実選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

田頭実選手の進入は基本的に1つでも内寄りのコースを狙うという特徴があり、機会があれば積極的にインコースを狙ってくる。

田頭実選手の平均スタートタイミングは0.13で、SG級の競艇選手としても早いスタートタイミングとなっている。田頭実選手は、全盛期よりスタートを重視しており、積極的に攻めてくるものの、それに比例してスタート事故も多くなっている。

田頭実選手は、一般競走レベルで内寄りのコースが取れる場合は高確率で舟券に絡んでくる上に、1着率も高くなる。現在でもスタートを得意としているので、いかなるレースでも十分に活躍することが考えられる。

田頭実選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第4回 オーシャンカップ競走(1999年7月20日・若松競艇場)
  • 第51回 全日本選手権(2004年10月31日・福岡競艇場)

G1の優勝歴

  • 施設改善記念特別競走(現・ダイヤモンドカップ競走)(1997年・若松競艇場)
  • 京極賞競走 開設48周年記念(2000年4月9日・丸亀競艇場)
  • 福岡チャンピオンカップ 開設48周年記念競走(2001年9月20日・福岡競艇場)
  • ダイヤモンドカップ(2005年10月20日・若松競艇場)
  • 第17回 マスターズチャンピオン(2016年4月17日・びわこ競艇場)
  • 第63回 九州地区選手権(2017年2月21日・福岡競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ