稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【広島】前本泰和選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
広島支部357370期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.6654.90%76.82%151回10回
前本泰和選手 特徴

前本 泰和(まえもと やすかず)選手は、広島支部に所属するA1級の競艇選手。第70期で、同期に濱野谷憲吾選手らがいる。

前本泰和選手は、1992年5月に徳山競艇場で第70期生としてデビューを果たし、翌月に宮島競艇場で水神祭を飾った。

1997年3月に大村競艇場で開催された一般競走で初優勝を飾った。

2007年11月15日に児島競艇場で開催された「開設55周年記念 競艇キングカップ」でG1初優勝を飾った。

2010年2月4日に下関競艇場で開催された「第53回中国地区選手権競走」で優勝を飾った。

2013年6月16日に児島競艇場で開催された「第18回日本財団会長杯」3日目の1Rで1,500勝を達成し、11月に宮島競艇場で開催された「開設59周年記念 宮島チャンピオンカップ」で優勝し、翌月に住之江競艇場で開催された「第28回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦」でSG初優勝を飾った。

2016年2月に徳山競艇場で優勝を飾り、24競艇場制覇を達成した。

前本泰和選手の特徴・得意なコース

続いては、前本泰和選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

前本泰和選手は、コース取りからして積極的なインファイターであり、コース別3連対率で見ても1コースの3連対率が92.3%と高い数値をマークしている。

前本泰和選手の平均スタートタイミングは0.18で、かなり遅めのスタートタイミングとなっている。スタート事故に関しては年に1~2回くらい起こしている。

前本泰和選手はSGやG1競走での優勝歴が少ないが、一般競走レベルとなると優勝争いに絡んでくる。また、現在でもG1競走において優勝争いに絡む実力があるため、できる限り注目しておきたい選手だ。

前本泰和選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第28回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦(2013年12月23日・住之江競艇場)

G1の優勝歴

  • 開設55周年記念 競艇キングカップ(2007年11月15日・児島競艇場)
  • 第53回中国地区選手権競走(2010年2月4日・下関競艇場)
  • 開設59周年記念 宮島チャンピオンカップ(2013年11月14日・宮島競艇場)
  • 開設64周年記念 全日本王者決定戦(2018年1月29日・唐津競艇場)
  • 第61回中国地区選手権競走(2018年2月21日・児島競艇場)

G2の優勝歴

  • なし(優出5回)
ページトップへ