稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【兵庫】芝田浩治選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
兵庫支部348466期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.0354.50%67.83%143回9回
芝田浩治選手 特徴

芝田 浩治(しばた こうじ)選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。第66期で、同期に塚崎勝選手、乙津康志選手、石川真二選手、橋本久和選手らがいる。

芝田浩治選手は、1990年5月10日に尼崎競艇場で開催された一般競走でデビュー。

2002年3月16日に平和島競艇場で開催された「第37回総理大臣杯競走(現・ボートレースクラシック)」初日の1RでSG初出場を果たし、5コースからのスタートで3着に入った。同節2日目(17日)の9Rでイン逃げを決めてSG初勝利を飾った。

2016年10月30日に福岡競艇場で開催された「第63回ボートレースダービー(全日本選手権)」でSG初優出し、優勝戦では5コースからのスタートで5着に入った。

芝田浩治選手の特徴・得意なコース

続いては、芝田浩治選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

芝田浩治選手は、結果を残した競走の大半が1号艇でイン逃げとなっていることから、イン戦専門の競艇選手とみられがちである。一応、1コース以外でもある程度結果は残しているのだが、勝率や2連対率の高さからインコースが強い選手という印象になっている。

芝田浩治選手の平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングと言える。スタート事故に関しては、長年現役でいながらも、年に1,2回程度となっており比較的に少ない。

芝田浩治選手は、SGやG1競走での優勝歴はないが、一般競走においてはどのコースからのスタートでも舟券に絡む走りを見せている。グレードを問わず1コースに入った時は舟券の買い時である。

ページトップへ