稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【兵庫】稲田浩二選手のデータ

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
兵庫支部 4290 94期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
6.89 54.90% 69.46% 131回 5回

稲田浩二選手 特徴

稲田 浩二(いなだ こうじ)選手は、兵庫支部に所属するA1級の競艇選手。第94期生で、同期に古賀繁輝選手、今井貴士選手、岡崎恭裕選手、小坂尚哉選手らがいる。

稲田浩二選手は、2004年5月16日に尼崎競艇場で開催された「第4回報知ローズカップ争奪戦」初日の2Rでデビューし、同節3日目(18日)の2Rで差しを決めて初勝利を飾った。

2004年9月14日に宮島競艇場で開催された「長月競走」で初優出初優勝を飾った。

2007年1月23日に大村競艇場で開催された「共同通信社杯 第21回新鋭王座決定戦」初日の10RでG1初出場(5着)し、同節最終日(28日)の4Rで差しを決めてG1初勝利を飾った。

2009年2月16日に三国競艇場で開催された「第52回近畿地区選手権」でG1初優出

2010年7月14日に丸亀競艇場で開催された「第15回オーシャンカップ競走」初日の3RでSG初出場し、4着に入った。

2013年5月26日にびわこ競艇場で開催された「ボートピア京都やわた開設6周年記念」3日目の11Rでイン逃げを決めて勝利し、通算500勝を達成した。

2018年3月17日に浜名湖競艇場で開催された「第53回ボートレースクラシック」2日目の7Rでイン逃げを決めてSG初勝利を飾った。

稲田浩二選手の特徴・得意なコース

続いては、稲田浩二選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

稲田浩二選手の平均スタートタイミングは0.13で、かなり早めのスタートタイミングと言える。スタート事故に関しても比較的少なく、「スタート巧者」と言える。

稲田浩二選手は、SG競走やG1競走での優勝歴が今のところないが、コンスタントに優勝争いに絡めるほどの実力を持っている。また、データを見てみると、イン逃げでの勝利が多いため、稲田浩二選手が1コースに入ったレースは注目する必要がある。

稲田浩二選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし(優出6回)

G2の優勝歴

  • なし(優出1回)
ページトップへ