稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【香川】中村桃佳選手のデータ

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
香川支部 4823 114期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
6.65 53.00% 65.15% 132回 3回

中村桃佳選手 特徴

中村 桃佳(なかむら ももか)選手は、香川支部に所属するA1級の競艇選手。第114期生で、同期に羽野直也選手、村松修二選手、松尾拓選手らがいる。実兄は中村晃朋選手で、夫は竹田和哉選手、師匠は平山智加選手。

中村桃佳選手は、2014年5月2日に丸亀競艇場で開催された「安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞」初日の2Rでデビューし、5着に入った。同年11月30日に桐生競艇場で開催された「第9回下野新聞社杯」最終日の9Rで抜きを決めて初勝利を飾った。

2016年1月11日に大村競艇場で開催された「第12回夢の初優勝男女W決定戦」で初優出し、優勝戦では4着に入った。同月22日に下関競艇場で開催された「スカパー!・JLC杯」でまくり差しを決めて初優勝を飾った。

2017年2月19日に鳴門競艇場で開催された「第60回四国地区選手権競走」初日の1RでG1初出場(3着)し、同年5月23日に福岡競艇場で開催された「第44回ボートレースオールスター」初日の2RでSG初出場(3着)した。

2017年8月2日に芦屋競艇場で開催された「第31回レディースチャンピオン」2日目の10Rでイン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

2018年12月23日に住之江競艇場で開催されたトークショーにて同支部の竹田和哉選手と11月7日に結婚したことを発表。同年12月28日に平和島競艇場で開催された「クイーンズクライマックス」に初出場を果たした。

中村桃佳選手の特徴・得意なコース

続いては、中村桃佳選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

中村桃佳選手は、第114期生の女子競艇選手の中でも、頭一つ飛びぬけた実力を持っており、「10年に一人の逸材」として注目されている。それに加え、可愛らしいルックスもあり、かなりの人気を誇っている。

中村桃佳選手の進入コースは基本的に枠なり進入で、他の選手が内寄りのコースに入ることから艇番よりも外側のコースに入ることはあるものの、艇番より内寄りのコースに入ることはほとんどない。

中村桃佳選手の平均スタートタイミングは0.13で、かなり早めのスタートタイミングと言える。年に2回ほどフライングしているものの、スタートについては苦としている様子は見られない。

中村桃佳選手は、良くも悪くも何着に入ってくるかが予測不可能という特徴がある。そのため、軸として買うのは少々冒険的な要素が大きい。ただ、見ていて迫力のあるレースを見せてくれるため、注目すべき選手の一人と言える。

中村桃佳選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • 第2回 レディースオールスター(2018年3月11日・びわこ競艇場)
ページトップへ