稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【岡山】荒井輝年選手のデータ

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
岡山支部 3685 73期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
6.32 42.40% 70.50% 139回 1回

荒井輝年選手 特徴

荒井 輝年(あらい てるとし)選手は、岡山支部に所属するA1級の競艇選手。第73期生で、同期に岸恵子選手、鈴木賢一選手、飯島昌弘選手、柳瀬興志選手らがいる。

荒井輝年選手は、73期の本栖チャンプ(現・養成所チャンプ)で、1993年11月に児島競艇場で開催された一般競走でデビューし、3着に入った。

1996年1月に福岡競艇場で開催された一般競走で初優出し、同年9月に戸田競艇場で初優勝を飾った。

1998年1月に宮島競艇場で開催された「第12回新鋭王座決定戦」でG1初出場を果たした。

2000年3月に浜名湖競艇場で開催された「第35回総理大臣杯」でSG初出場を果たした。

2004年5月20日に芦屋競艇場で開催された「開設52周年記念 全日本王座決定戦」でG1初優勝を飾った。

2009年2月にびわこ競艇場で開催された「第23回荒法師賞」で通算1,000勝を達成した。

荒井輝年選手の特徴・得意なコース

続いては、荒井輝年選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

荒井輝年選手の平均スタートタイミングは0.15で、平均なスタートタイミングとなっている。それと比例する形でフライングをはじめとしたスタート事故が比較的に少ないことから、スタートを苦にしているようには見えない。

荒井輝年選手は、自他ともに認める5コース好きで、2000年5月に芦屋競艇場で開催された「全日本王座決定戦」でもこの5コースから勝利を飾っていることから、波乱の使者となることが多い。

さらに荒井輝年選手は、江戸川巧者としての一面ものぞかせており、江戸川開催かつ5コースを入った時は注目すべき選手と言える。

荒井輝年選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 開設52周年記念 全日本王座決定戦(2004年5月20日・芦屋競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ