稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【愛知】柳沢一選手のデータ

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
愛知支部 4074 86期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
7.38 59.10% 74.14% 147回 10回

柳沢一選手 特徴

柳沢 一(やなぎさわ はじめ)選手は、愛知支部に所属するA1級の競艇選手。第86期生で、同期に大橋純一郎選手、吉田俊彦選手、金田幸子選手、中村亮太選手、森永淳選手、中野次郎選手らがいる。師匠は原田幸哉選手。

柳沢一選手は、2000年5月13日に蒲郡競艇場で開催された一般競走初日の2Rでデビューした。同年6月11日に平和島競艇場で開催された一般競走でまくりを決めて初勝利を飾った。

2001年1月21日に津競艇場で開催された一般競走で初優出し、優勝戦では4着に入った。翌2002年9月15日に多摩川競艇場で開催された「第9回神奈川新聞社賞レース」で初優勝を飾った。

2003年2月6日に浜名湖競艇場で開催された「第48回東海地区選手権競走」初日の11RでG1初出走し、3着に入った。同節2日目(7日)の1Rでまくり差しを決めてG1初勝利を飾った。

2007年2月7日に浜名湖競艇場で開催された「第52回東海地区選手権競走」でG1初優出し、同年11月15日に江戸川競艇場で開催された「江戸川モーターボート大賞」でイン逃げを決めてG1初優勝を飾った。

2007年12月19日に福岡競艇場で開催された「第22回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦」初日の1Rで、自身初の賞金王決定戦出場及びSG初出走を果たした。

2009年2月14日に常滑競艇場で開催された「第19回中日スポーツ銀杯争奪戦」5日目の9Rで、差しを決めて通算500勝を達成した。

2012年12月19日に住之江競艇場で開催された「第27回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦」初日の2Rでイン逃げを決めてSG初勝利を飾った。

2015年2月11日に浜名湖競艇場で開催された「第60回東海地区選手権競走」2日目の1Rでイン逃げを決めて通算1000勝を達成した。

2016年8月28日に桐生競艇場で開催された「第62回ボートレースメモリアル」でSG初優出し、5着に入った。

柳沢一選手の特徴・得意なコース

続いては、柳沢一選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

柳沢一選手の進入コースは基本的に枠なり進入で、5号艇や6号艇など外寄りの艇番に入った場合は、機会があれば少しでも内寄りのコースに入るように動くという特徴がある。しかし、6号艇時に1コースを狙うといった強引な前づけは行っていない。

柳沢一選手の平均スタートタイミングは0.13で、SG級の選手としては早いスタートタイミングとなっていて、2014年には平均スタートタイミングで0.11という驚異的な数字も出している。なお、フライングをはじめとしたスタート事故は少ないので、師匠の原田幸哉選手と同じくスタートを得意としている。

柳沢一選手は、スタートで先手を取ってからの捌き勝負を得意としているため、一般競走においては常に優勝候補に挙がっている。未だSG競走では勝ち切れていないものの、毎年のように賞金ランキングにて上位にランクインするほどの実力を持っているため、良いモーターを引き当てた節のレースでは注目である。

烏野賢太選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし(優出2回)

G1の優勝歴

  • 江戸川モーターボート大賞(2007年11月15日・江戸川競艇場)
  • 第59回東海地区選手権競走(2014年2月18日・常滑競艇場)
  • 開設60周年記念 オールジャパン竹島特別(2015年11月15日・蒲郡競艇場)
  • 開設64周年記念 浜名湖賞(2017年7月26日・浜名湖競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ