稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【徳島】新田芳美選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
徳島支部347066期A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.1436.50%63.44%93回3回
新田芳美選手 特徴

新田 芳美(にった よしみ)選手は、徳島支部に所属するA2級の競艇選手。第66期生で、同期に石川真二選手、小津康志選手、村瀬弘美選手らがいる。夫は近藤稔也選手。

新田芳美選手は、1990年5月に鳴門競艇場でデビューし、1996年11月21日に鳴門競艇場で開催された女子リーグで初優勝を飾った。

2009年3月8日に尼崎競艇場で開催された「第22回女子王座決定戦競走」で4コースからまくり差しを決めてG1初優勝を飾った。

2009年3月17日に多摩川競艇場で開催された「第44回総理大臣杯競走」(初日)の2RでG1初出走し、同節最終日(22日)の1Rで1コースからコンマ19のトップスタートを決めて逃げ切りG1初勝利を飾った。

2009年10月21日に下関競艇場で開催された「日本財団会長杯スマイルカップレース オール女子戦」で2コースから差しを決めて通算10回目の優勝を飾った。

新田芳美選手の特徴・得意なコース

続いては、新田芳美選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

新田芳美選手の平均スタートタイミングは0.19で、遅めのスタートタイミングとなっている。スタート事故はたびたび起きており、少々苦手なように思える。

新田芳美選手はSG競走での優勝歴はなく、G1競走での優勝歴は1度しかないが、一般競走やGⅢ競走においては優勝候補の一人として名前が挙がっている。

新田芳美選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 第22回女子王座決定戦競走(2009年3月8日・尼崎競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ