稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【東京】村田修次選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
東京支部382678期A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.0944.20%58.19%122回4回
村田修次選手 特徴

村田 修次(むらた しゅうじ)選手は、東京支部に所属するA1級の競艇選手。第78期生で、同期に平尾崇典選手、中岡正彦選手、山元愛選手らがいる。師匠は長岡茂一選手で、弟子に富樫麗加選手らがいる。

村田修次選手は、1996年5月に78期生としてデビューし、1999年2月5日に平和島競艇場で開催された競走で、藤丸光一選手のフライングによる恵まれで初優勝を飾った。

村田修次選手は、2002年5月15日に大村競艇場で開催された「一般戦競走」初日の2Rでデビューし、6月7日に児島競艇場で開催された「一般競走」3日目の7Rで6コースから抜きを決めて初勝利を飾った。

1999年2月14日に津競艇場で開催された一般戦で、5コースからまくり差しを決めて自力での初優勝を飾った。

2004年7月27日に若松競艇場で開催された「第9回オーシャンカップ」初日の4RでSG初出走し、同節5日目(8月1日)の11Rでは5コースからまくり差しを決めてSG初優出した。

2005年11月2日に平和島競艇場で開催された一般競走で出走した9レースすべてで市1着を獲り、完全優勝を達成した。

2007年9月24日に多摩川競艇場で開催された「開設53周年記念 ウェイキーカップ」で4コースからまくりを決めてG1初優勝を飾った。

村田修次選手の特徴・得意なコース

続いては、村田修次選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

村田修次選手の平均スタートタイミングは0.16と、SG級の選手としては平均的なスタートタイミングとなっている。スタート事故は、ほぼ毎年最低1回ほどは起こしている。

村田修次選手は、SG競走には縁遠く、G1競走についても優勝経験が少ないが、一般競走においては常に優勝争いに絡む実力を持っている。良いモーターを引き当てた節のレースでは注目である。

村田修次選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 開設53周年記念 ウェイキーカップ(2007年9月24日・多摩川競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ