稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【大阪】上條暢嵩選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
大阪支部4719110期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.1954.00%68.61%137回7回
上條暢嵩選手 特徴

上條 暢嵩(かみじょう のぶたか)選手は、大阪支部に所属するA1級の競艇選手。110期生で、同期に喜多須杏奈選手、尾崎雄二選手、八十岡恵美選手、福田宗平選手らがいる。実父は上條信一選手、実兄は上條嘉嗣選手。

上條暢嵩選手は、2012年5月18日に住之江競艇場で開催された「サンケイスポーツ旗争奪 第41回飛龍賞競走」初日の1Rでデビューし、6月24日に津競艇場で開催された「第3回日本モーターボート選手会会長賞」3日目の1Rで、6コースからまくり差しを決めて初勝利を飾った。

2015年3月24日に常滑競艇場で開催された「常滑市長杯~男女W優勝シリーズ~」で初優出し、優勝戦では5着に入った。

2016年6月10日に住之江競艇場で開催された「水無月きらめき競走」で、1コースからコンマ12のトップスタートを切って初優勝を飾った。

2016年7月26日に住之江競艇場で開催された「開設60周年記念 太閤賞競走」初日の3RでG1初出走し、同節2日目(27日)の1Rでイン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

2018年10月18日に住之江競艇場で開催された「第46回高松宮記念競走」でG1初優出し、優勝戦では4着に入った。

2019年4月9日に下関競艇場で開催された「ダイヤモンドカップ」で、3コースからまくりを決めてG1初優勝を飾った。

上條暢嵩選手の特徴・得意なコース

続いては、上條暢嵩選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

上條暢嵩選手の平均スタートタイミングは0.14と、早いタートタイミングを記録している。スタート事故は少なく、スタートを得意としている。

上條暢嵩選手は、未だSG競走での優勝歴がないが、G1競走や一般競走においては優勝争い絡んでくる実力を持っている。どのコースからの登場でも連に絡むため、かなり注目の選手である。

上條暢嵩選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • ダイヤモンドカップ(2019年4月9日・徳山競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ