稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【東京】阿波勝哉選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
東京支部385779期B1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
4.1020.90%37.31%67回0回
阿波勝哉選手 特徴

阿波 勝哉(あわ かつや)選手は、東京支部に所属するB1級の競艇選手。79期生で、同期に岩崎正哉選手、吉川元浩選手、澤大介選手らがいる。

阿波勝哉選手は、1996年に多摩川競艇場でデビューした。

2002年9月30日に蒲郡競艇場で開催された「第10回蒲郡スピード王座決定戦」で、6コースから差しを決めて初優勝を飾った。

2005年4月7日に芦屋競艇場で開催された「開設53周年記念 全日本王座決定戦」でG1初優出した。

2005年5月24日に常滑競艇場で開催された「第32回笹川賞」初日の1RでSG初出走し、同日の6Rで6コースからまくりを決めてSG初勝利を飾った。

2007年8月5日に丸亀競艇場で開催された「ボートピアまるがめ開設21周年記念 ペプシコーラカップ」で、6コースから差しを決めて通算10回目の優勝を飾った。

2010年3月23日に常滑競艇場で開催された「ソニージャンボトロンカップ争奪 第17回若鯱大賞」で、6コースからまくりを決めて通算15回目の優勝を飾った。

2010年10月27日に「BOATRACE振興会会長賞競走テレボートカップ」で、6コースからまくりを決めて地元・平和島競艇場での初優勝を飾った。

阿波勝哉選手の特徴・得意なコース

続いては、阿波勝哉選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

阿波勝哉選手は、1号艇での登場でも絶対に6コースに進入するというアウトコース一貫のアウト屋として知られている。この戦法はインコースが絶対有利とされている競艇界では、異色であることから注目されていた。

阿波勝哉選手のチルト角度は、出場する競艇場で許可されている最大の角度(平和島競艇場では3.0度)に設定されている。ちなみに過去には、阿波勝哉選手のようにチルト角度を3.0度に設定して6コースから挑んだ選手がいたものの、ターンに失敗して転覆している。

その一方、阿波勝哉選手の平均スタートタイミングは0.20と、SG級の選手としても遅いスタートタイミングとなっている。また、スタート事故も多く、2011年には5回も起こしている(そのうち4回はフライングで、残る1回は出遅れ)。

そんな中、2012年4月に「選手個人の持ちペラが廃止され、競艇場のモーターに備え付けられたペラのみを使用」というオーナーペラ精度が導入。これにより、極端に伸び型仕様のペラを作って挑んでいた阿波勝哉選手にとって大きな逆風となり、2012年を最後に優勝から遠ざかり、現在はB2級にまで陥落している。

阿波勝哉選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ