稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【福岡】大山千広選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
福岡支部4885116期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.7954.70%69.84%126回7回
大山千広選手 特徴

大山 千広(おおやま ちひろ)選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。116期生で、同期に大塚康雅選手、田中宏樹選手らがいる。母は2018年に現役引退をした大山博美元選手。

大山千広選手は、2015年5月12日に福岡競艇場で開催された「九州プロレス杯」初日の1Rでデビューした。

2016年5月1日に若松競艇場で開催された「オールレディースJALカップ」2日目の1Rで、4コースからまくりを決めて初勝利し、11月11日にびわこ競艇場で開催された「ヴィーナスシリーズ びわこプリンセスカーニバル」で初優出を果たした。

2017年9月6日に福岡競艇場で開催された「オールレディース 福岡なでしこカップ」で、4コースから差しを決めて初優勝を飾った。

2018年9月19日に浜名湖競艇場で開催された「第5回ヤングダービー」初日の1RでG1初出走を果たし、G1初出走にしてイン逃げを決めてG1初勝利を飾った。なお、同レースでG1初優出も果たしている。

2019年5月21日に福岡競艇場で開催された「第46回ボートレースオールスター」初日の12RでSG初出走し、同節2日目(22日)の5Rで1コースから差しを決めてSG初勝利を飾った。

大山千広選手の特徴・得意なコース

続いては、大山千広選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

大山千広選手の進入コースは基本的に枠なり進入。外寄りの艇番となった場合は、少しでも内寄りのコースへと入っていく特徴がある一方、6号艇での登場時に1コースを狙うと言った強引な前づけは行わない。

男子競艇選手顔負けの全速ハイスピードターンが大山千広選手の特徴となっており、3コースを得意としている。

大山千広選手の平均スタートタイミングは0.15と、SG級の選手としては比較的早いスタートタイミングとなっている。スタート事故も少なく、スタート力が安定している選手と言える。

大山千広選手は、まだSG競走やG1競走における優勝歴はないが、一般競走においては常に優勝争いに絡むほどの実力を持っている。どのコースからの登場でも連に絡むうえに1着を獲れる実力を持っている。

大山千広選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 九州地区選手権(2015年2月13日・唐津競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ