稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【三重】安達裕樹選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
三重支部422792期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.7747.30%62.59%131回6回
安達裕樹選手 特徴

安達裕樹(あだち ゆうき)選手は、三重支部に所属するA1級の競艇選手。92期生で、土屋千明選手、大峯豊選手、毒島誠選手らがいる。

安達裕樹選手は、2003年5月15日に津競艇場で開催された一般戦でデビューし、6月14日に桐生競艇場で開催された「第2回アクアンナイトカップレース」2日目の3Rで6コースからまくり差しを決めて初勝利を飾った。

2005年10月2日に若松競艇場で開催された「西日本スポーツ杯争奪戦競走」で初優出を果たし、優勝戦では2着に入った。

2007年5月8日に津競艇場で開催された「第29回パール賞」で、本部真吾選手のフライングによる恵まれで初優勝を飾った。

2007年11月29日に常滑競艇場で開催された「常滑ダイヤモンドカップ」でG1初出走し、12月10日に「鳴門モーターボート大賞競走」3日目の1Rで2コースから差しを決めてG1初勝利を飾った。

2009年1月25日にびわこ競艇場で開催された「第23回新鋭王座決定戦」でG1初優出し、優勝戦では3着に入った。

2009年11月24日に常滑競艇場で開催された「第12回競艇王チャレンジカップ」初日の1RでSG初出走を果たした。

2009年12月14日に津競艇場で開催された「開設57周年記念 つつじ賞王座決定戦」で、5コースからまくりを決めてG1初優勝を飾った。

2010年7月17日に丸亀競艇場で開催された「第15回オーシャンカップ競走」4日目の2Rで、2コースから差しを決めてSG初勝利を飾った。

2012年9月15日に徳山競艇場で開催された「JLC杯争奪 ライジングスター決定戦」4日目の11Rで、2コースから差しを決めて通算500勝を達成した。

2018年11月24日に戸田競艇場で開催された「関東専門紙カップ」5日目の11Rで、3コースからまくり差しを決めて通算1,000勝を達成した。

安達裕樹選手の特徴・得意なコース

続いては、安達裕樹選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

安達裕樹選手の平均スタートタイミングは0.16で、SG級の選手としては比較的平均的なスタートタイミングと言える。しかし、スタート事故を数多くしている。

安達裕樹選手は、SG競走での優勝歴はないが、一般戦においては常に優勝争いに名を挙げている。どのコースからの登場となっても、連に絡むうえに1着を獲れる実力を持っているため、安達裕樹選手が登場するレースでは注目である。

安達裕樹選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 開設57周年記念 つつじ賞王座決定戦(2009年12月24日・津競艇場)

G2の優勝歴

  • 徳山モーターボート大賞(2016年3月14日・徳山競艇場)
ページトップへ