稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【東京】角谷健吾選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
東京支部361371期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.5345.20%60.31%126回7回
角谷健吾選手 特徴

角谷健吾(すみたに けんご)選手は、福岡支部に所属するA2級の競艇選手。71期生で、同期に木下翔太選手、山田亮太選手らがいる。

角谷健吾選手は、競艇好きであった父に薦められて、本栖研修所(現・ボートレーサー養成所)に2回目の受験で合格。

1992年11月に平和島競艇場で開催された一般競走でデビューしたが、初日の展示航走中に落水し欠場。事実上のデビュー戦となった2日目に6コースから全速ターンを決めて初勝利し、水神祭を飾った。しかし、デビュー節の最終日にフライングを犯してしまった。

2000年2月14日に戸田競艇場で開催された「第45回関東地区選手権競走」で、4コースからまくりを決めてG1初優勝を飾った。

2000年7月15日に宮島競艇場で開催された「第5回オーシャンカップ」でSG初出走した。

2016年9月14日に三国競艇場で開催された「G3スズキ・カープラザカップ」初日の1Rで、イン逃げを決めて通算1,500勝を達成した。

角谷健吾選手の特徴・得意なコース

続いては、角谷健吾選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

角谷健吾選手の平均スタートタイミングは0.15で、SG級の選手としては平均的なスタートタイミングとなっている。ただし、スタート事故は少々多い。

角谷健吾選手は、近年SGやG1競走での活躍が見られないが、一般競走においては常に優勝争いに名を挙げている。どのコースからの登場となっても連に絡み、特に1~5コースからの登場の時は1着を獲れる実力を持っている。

角谷健吾選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 第45回関東地区選手権競走(2000年2月14日・戸田競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ