稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【大阪】上條嘉嗣選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
大阪支部4514102期A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
5.6433.30%62.01%129回3回
上條嘉嗣選手 特徴

上條嘉嗣(かみじょう よしつぐ)選手は、大阪支部に所属するA2級の競艇選手。102期生で、同期に前田将太選手、山田康二選手、上野真之介選手らがいる。父は上條信一選手、実弟は上條暢嵩選手。

上條嘉嗣選手は、2008年6月21日に児島競艇場で開催された「第3回マンスリーKYOTEI杯」初日の1Rでデビューしたが、選手責任による失格。

2009年2月23日に鳴門競艇場で開催された「第9回JLCカップ競走」最終日の1Rで、5コースから抜きを決めて初勝利を飾った。

2010年12月28日に丸亀競艇場で開催された「年末ファン感謝ゴールデンカップ」で初優出し、優勝戦では2着に入った。

2017年10月10日に常滑競艇場で開催された「第11回日本モーターボート選手会会長賞争奪戦」で、2コースから抜きを決めて初優勝を飾った。

2018年9月19日に浜名湖競艇場で開催された「第5回ヤングダービー」初日の11RでG1初出走し、同節5日目(23日)の3Rでイン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

上條嘉嗣選手の特徴・得意なコース

続いては、上條嘉嗣選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

上條嘉嗣選手の平均スタートタイミングは0.17で、遅めのスタートタイミングとなっている。そのうえ、スタート事故が多いことから、スタートを苦手としているように見える。

上條嘉嗣選手は、まだ重賞競走での優勝歴がないが、一般競走においては常に優勝争いに名を挙げている。どのコースからの登場となっても連に絡む実力を持っていて、3コースと6コース以外からの登場の時は1着を獲れる実力を持っている。

上條嘉嗣選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ