稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【静岡】藤田靖弘選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
静岡支部437698期A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.1039.40%63.26%147回3回
藤田靖弘選手 特徴

藤田靖弘(ふじた やすひろ)選手は、静岡支部に所属するA2級の競艇選手。98期生で、同期に鶴本崇文選手、平山智加選手、松田裕季選手らがいる。実兄は藤田竜弘選手。

藤田靖弘選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時に、リーグ戦勝率4.44(準優出)という成績を残した。

2006年5月18日に浜名湖競艇場で開催された「ボートピア岩間2周年記念 茨城放送杯」初日の3Rでデビューし、6月16日に住之江競艇場で開催された「日刊スポーツ盾争奪第40回しぶき杯競走」4日目の3Rで6コースからまくりを決めて初勝利を飾った。

2009年10月28日に桐生競艇場で開催された「第5回日本トータ杯」で初優出し、優勝戦では5着に入った。

2010年9月5日に浜名湖競艇場で開催された「2010新鋭リーグ戦第15戦 G3赤鮎杯」で、イン逃げを決めて初優勝を飾った。

2011年1月25日に宮島競艇場で開催された「共同通信社杯 第25回新鋭王座決定戦」初日の3RでG1初出走し、同節2日目(26日)の1Rで5コースからまくり差しを決めてG1初勝利を飾った。

2017年2月23日に津競艇場で開催された「第62回東海地区選手権競走」でG1初優出を果たした。

2018年2月21日に多摩川競艇場で開催された「第28回日本モーターボート選手会会長賞」2日目の4Rで、2コースから差しを決めて通算500勝を達成した。

藤田靖弘選手の特徴・得意なコース

続いては、藤田靖弘選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

藤田靖弘選手の平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングとなっている。その一方で、スタート事故は少ないため、スタート力についてはかなり安定している。

藤田靖弘選手は、まだ重賞競走での優勝歴がないが、一般競走においては常に優勝争いに名を挙げている。どのコースからの登場となっても連に絡む実力を持っていて、6コース以外からの登場の時は1着を獲れる実力を持っている。

藤田靖弘選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ