稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【岡山】村上純選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
岡山支部391981期A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.0441.30%57.97%138回0
村上純選手 特徴

村上純(むらかみ じゅん)選手は、岡山支部に所属するA2級の競艇選手。81期生で、同期に池田浩二選手、佐々木康幸選手選手、安岐奈緒子選手、池田浩美選手、飯山泰選手、寺田祥選手らがいる。父は村上一行元選手。

村上純選手は、1997年11月12日に児島競艇場で開催された「第7回倉敷市議会議長杯争奪戦競走」初日の1Rでデビューを果たし、3着に入った。

1998年4月1日に唐津競艇場で開催された「フラワーカップ競走」初日の2Rで、6コースからまくりを決めて初勝利を飾り、7月8日に尼崎競艇場で開催された一般競走で初優出を飾った。

2001年1月24日に丸亀競艇場で開催された「ボートピア朝倉開設8周年記念競走」で、6コースから差しを決めて初優勝を飾った。

2004年7月8日に常滑競艇場で開催された「中日スポーツ金杯争奪 マーメイドグランプリ」初日の3RでG1初出走を果たし、同節5日目(12日)の2Rで5コースから差しを決めてG1初勝利を飾った。

2008年9月6日に尼崎競艇場で開催された「尼崎市長杯争奪 第32回尼崎チャレンジ競走」5日目の12Rで、イン逃げを決めて通算500勝を達成した。

2013年3月15日に平和島競艇場で開催された「第48回総理大臣杯」初日の6RでSG初出走を果たし、同節最終日(20日)の2Rで2コースから差しを決めてSG初勝利を飾った。

2015年8月9日に若松競艇場で開催された「サッポロビールカップ」3日目の11Rで、イン逃げを決めて通算1,000勝を達成した。

村上純選手の特徴・得意なコース

続いては、村上純選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

村上純選手の平均スタートタイミングは0.17で、比較的遅めのスタートタイミングと言える。その一方で、スタート事故は年に1~2回程度起こしている。

村上純選手は、近年1着率30.4%・3連対率57.97%とあまり高くない数値をマークしていて、成績が伸び悩んでいる。ただし、1~4コースの登場の時は連に絡むうえに1着を獲れる実力を持っているので、インコースに村上純選手が入った時は注目しておきたいところだ。

村上純選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • なし(優出1回)
ページトップへ