稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【福井】今井美亜選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
福井支部4611106A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.7954.20%70%140回0
今井美亜選手 特徴

今井美亜(いまい みあ)は、福井支部に所属するA1級の競艇選手。106期生で、同期に岩瀬裕亮選手、葛原大陽選手、小坂宗司選手、坂井田晃選手らがいる。

今井美亜選手は、2010年5月20日に三国競艇場で開催された「第9回ビクトリーチャンネル杯」初日の2Rでデビューし、12月19日に三国競艇場で開催された「男女W優勝戦 第14回三国競艇大賞」最終日の8Rで、6コースからまくり差しを決めて初勝利を飾った。

2012年5月21日に大村競艇場で開催された「第9回夢の初優勝W決定戦」で初優出した。

2014年2月23日に尼崎競艇場で開催された「G3女子リーグ戦競走 第11戦クイーンロード」で、1コースよりコンマ02のトップスタートを決め、インコースを逃げ切り初優勝を飾った。

2014年8月5日に津競艇場で開催された「第28回レディースチャンピオン」初日の7RでG1初出走を果たし、同競走にて3コースからまくりを決めてG1初勝利を飾った。

2016年8月7日に津競艇場で開催された「第30回レディースチャンピオン」でG1初優出し、優勝戦では5着に入った。

今井美亜選手の特徴・得意なコース

続いては、今井美亜選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

今井美亜選手の進入コースは基本的に枠なり進入で、多少コースが前後することはあるが、強引な前づけや内寄りのコースを積極的に狙うような動きは見られない。ただし、男女混合戦では、前づけされて外枠からのスタートが度々見られる。

今井美亜選手は、ターン技術が高いことで知られ、そのターン技術を生かした差しやまくり差しを得意としていて、そのターンの技術があれば、「男女混合戦でも十分外枠からまくり差しができる」と言われている。

今井美亜選手の平均スタートタイミングは0.15で、平均的なスタートタイミングと言える。その一方で、スタート事故は年に1~2回程度起こしている。

今井美亜選手は、近年1着率27.9%・3連対率70%とあまり高くない数値をマークしていて、成績が伸び悩んでいる。ただし、どのコースからの登場でも連に絡むうえに1着を獲れる実力を持っているため、要注意である。

今井美亜選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし(優出2回)

G2の優勝歴

  • なし(優出2回)
ページトップへ