稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【東京】蜷川哲平選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
東京支部390280A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
5.9138.70%62.01%129回0回
蜷川哲平選手 特徴

蜷川哲平(にながわ てっぺい)選手は、東京支部に所属するA2級の競艇選手。80期生で、同期に白井英治選手、鎌田義選手、平田忠則選手、重成一人選手らがいる。

蜷川哲平選手は、80期訓練生として本栖研修所(現ボートレーサー養成所)に入所。卒業後の1997年5月16日に平和島競艇場でデビューし、デビュー節2日目(17日)に6コースからまくりを決めて初勝利を飾った。

2000年4月9日に津競艇場で初優出し、優勝戦では4着に入った。

2003年1月28日に丸亀競艇場で開催された「第17回新鋭王座決定戦競走」初日の3RでG1初出走を果たし、5着に入った。

2003年5月20日に大村競艇場で開催された「西スポ杯争奪戦競走」で、1コースからコンマ13のトップスタートを決めて初優勝を飾った。

2004年1月28日に徳山競艇場で開催された「第18回新鋭王座決定戦」2日目の2Rで、イン逃げを決めてG1初勝利を飾った。さらに同節最終日(1日)にG1初優出し、優勝戦にてイン逃げを決めてG1初優勝を飾った。

2004年3月23日に福岡競艇場で開催された「第39回総理大臣杯」初日の10RでSG初出走を果たし、同節最終日(28日)の3Rで2コースからまくりを決めてSG初勝利を飾った。

2011年2月21日に多摩川競艇場で開催された「第11回JLCカップ」3日目の3Rで、イン逃げを決めて通算500勝を達成した。

蜷川哲平選手の特徴・得意なコース

続いては、蜷川哲平選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

蜷川哲平選手の平均スタートタイミングは0.19で、SG級の選手としても遅いスタートタイミングと言える。そのうえ、スタート事故も多い。

蜷川哲平選手は、近年1着率17.8%・3連対率62.01%と高くない数値をマークしていて、成績が伸び悩んでおり、近年では優勝争いに絡むことも少ない。ただし、最下位となることは少ないうえ、1コースから5コースまでであれば、1着に絡む実力を持っている。

白神優選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 第18回新鋭王座決定戦(2004年2月1日・徳山競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ