稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【佐賀】古賀繁輝選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
佐賀支部429494A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.7752.00%65.60%125回4回
古賀繁輝選手 特徴

古賀繁輝(こが しげき)選手は、佐賀支部に所属するA1級の競艇選手。94期生で、同期に岡崎恭裕選手、今井貴士選手、中西裕子選手らがいる。

古賀繁輝選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)時代にリーグ戦勝率6.71(準優出6回・優出2回)の成績を残し、卒業記念競走で優勝を果たした。

2004年5月13日に唐津競艇場で開催された「前売場外ミニットオープン記念競走」初日の1Rでデビューし、同節3日目(15日)の2Rで鈴木貴之選手のフライングによる恵まれで初勝利を飾った。

2004年12月19日に大村競艇場で開催された「週刊レース社杯」で初優出を果たした。しかし、優勝戦は選手責任外失格となった。

2006年9月24日にびわこ競艇場で開催された「2006新鋭リーグ第17戦 G3第41回新鋭戦」で、4コースからまくりを決めて初優勝を飾った。

2007年1月23日に大村競艇場で開催された「共同通信社杯 第21回新鋭王座決定戦」初日の5RでG1初出走し、2月12日に福岡競艇場で開催された「第53回九州地区選手権競走」3日目の5Rで、イン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

2010年5月20日に唐津競艇場で開催された「開設57周年記念 全日本王者決定戦」でG1初優出を果たし、優勝戦では4着に入った。

2012年4月25日に福岡競艇場で開催された「公営レーシングプレス杯」2日目の6Rで、3コースから抜きを決めて通算500勝を達成した。

2012年10月23日に福岡競艇場で開催された「第59回全日本選手権競走」初日の2RでSG初出走を果たし、同レースでは2着に入った。

2015年3月19日に尼崎競艇場で開催された「第50回ボートレースクラシック」3日目の1Rで、3コースからコンマ08のトップスタートを切り、道中でまくりを決めてSG初勝利を飾った。

2019年1月22日に三国競艇場で開催された「BOATBoyCUP」初日の3Rで、1コースからコンマ07のトップスタートを切って逃げ切り通算1,000勝を達成した。

古賀繁輝選手の特徴・得意なコース

続いては、古賀繁輝選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

古賀繁輝選手の平均スタートタイミングは0.18で、SG級の選手としても遅いスタートタイミングと言える。ただし、1コースからの平均スタートタイミングは0.14と、かなり早いスタートタイミングを記録していた。

古賀繁輝選手は、まだ重賞競走での優勝経験がないうえに、1着率28%・3着内率65.60%とあまり高くない成績を残している。だが、一般競走において常に優勝争いに絡んでくるうえに、どのコースからの登場でも連に絡み、そして1着を獲れる実力を持っている。

古賀繁輝選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし(優出8回)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ