稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【福井】松田祐季選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
福井支部439198期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.4162.90%74.01%83回1回
松田祐季選手 特徴

松田祐季(まつだ ゆうき)選手は、福井支部に所属するA1級の競艇選手。98期生で、同期に鶴本崇文選手、平山智加選手、藤田靖弘選手らがいる。

松田祐季選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時代にリーグ戦勝率6.63(準優出5回・優出3回・第5戦優勝)という成績を残した。卒業記念競走で優出するも、妨害失格となった。

2006年5月18日に三国競艇場の一般競走でデビューし、同節2日目(19日)の2Rで6コースからまくり差しを決めて初勝利を飾った。

2007年10月21日に三国競艇場で開催された一般競走で初優出を果たし、優勝戦では3着に入った。

2008年9月24日に三国競艇場で開催された一般競走で、3コースから差しを決めて初優勝を飾った。

2008年10月21日に三国競艇場で開催された「北陸艇王決戦」5日目の1RでG1初出走し、2009年2月10日に三国競艇場で開催された「第52回近畿地区選手権」初日の2Rで4コースからまくり差しを決めてG1初勝利を飾った。

2012年5月22日に浜名湖競艇場で開催された「第39回笹川賞競走」初日の8RでSG初出走を果たし、3コースから抜きを決めてSG初勝利を飾った。

2014年1月26日に浜名湖競艇場で開催された「開設60周年記念 浜名湖賞」でG1初優出を果たした。

2015年5月3日に三国競艇場で開催された「第23回湯の花賞」2日目の9Rで、2コースから抜きを決めて通算500勝を達成した。

2015年9月27日に尼崎競艇場で開催された「第2回ヤングダービー」で、イン逃げを決めてプレミアムG1初優勝を飾った。

2019年10月27日に児島競艇場で開催された「第66回ボートレースダービー」でSG初優出を果たし、優勝戦では5着に入った。

松田祐季選手の特徴・得意なコース

続いては、松田祐季選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

松田裕季選手はイン逃げを得意としている競艇選手で、1号艇に入ったときは高確率で勝利しており、勝率が高い。また、3コースからのまくりも得意としており、3着内率は74%と比較的高い数値をマークしている。

松田裕季選手の進入コースは基本的に枠なりであるものの、外寄りの艇番になった場合は少しでも内寄りのコースに入るように動くという特徴を持っている。

松田祐季選手の平均スタートタイミングは0.17で、SG級の選手としてはやや遅めのスタートタイミングとなっている。スタート事故は比較的少なく、常に安定したスタートを切っている。

松田祐季選手は、ハンドル捌きをはじめとした操艇技術に定評があるものの、SG競走の常連となっているトップレーサーを相手取ると少々見劣りする印象を受ける。その一方で、一般競走においては優勝候補のひとりとされており、どのコースからの登場でも連に絡み1着を獲れる選手である。

松田祐季選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし(優出1回)

G1の優勝歴

  • 第2回ヤングダービー(2015年9月27日・尼崎競艇場)

G2の優勝歴

  • なし(優出1回)
ページトップへ