稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【大阪】野添貴裕選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
大阪支部393281期B1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
4.4028.50%39.56%91回0回
野添貴裕選手 特徴

野添 貴裕(のぞえ たかひろ)選手は、大阪支部に所属するA1級の競艇選手。第69期生で、同期に田中信一郎選手、太田和美選手、仲口博崇選手、三嶌誠司選手などSG・GI覇者が多いことから、「華の69期」とされている。

野添貴裕選手は、本栖研修所(現ボートレーサー養成所)を69期リーグ勝率第1位となる7.07という成績を残して卒業し、1991年11月7日に地元の住之江競艇場でデビューを果たした。

1999年3月2日に丸亀競艇場で開催された「モーターボート大賞」で、5コースからコンマ05のスタートを切ってまくりを決めてG1初優勝を飾った。

先の初優勝以降、重賞競走での優勝から遠ざかっていたが、2018年2月19日にびわこ競艇場で開催された「第61回近畿地区選手権競走」で、2コースから差しを決めて2度目のG1優勝を飾った。

野添貴裕選手の特徴・得意なコース

続いては、野添貴裕選手の得意なコースを見ていこう。

野添貴裕選手は、イン逃げを得意としている選手であり、1コースにおける勝率は61.6%をマークしている。また、4コースからのまくりも得意としていて、4コースでの3着内率は69.3%をマークしていた。

野添貴裕選手の平均スピードタイミングは0.15と、やや早いスタートタイミングとなっている。しかし、スタート事故がやや多いという特徴を持っている。

野添貴裕選手は、元来の地力から一般競走やG3競走において、高く安定した1着率と3連対率を記録している。しかし、その一方でG2以上のレースでは結果を残せていない。

野添貴裕選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • モーターボート大賞(1999年3月2日・丸亀競艇場)
  • 第61回近畿地区選手権競走(2018年2月19日・びわこ競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ