稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【福岡】中辻崇人選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
福岡支部387679期A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.1742.20%56.09%123回6回
中辻崇人選手 特徴

中辻 崇人(なかつじ たかひと)選手は、福岡支部に所属するA2級の競艇選手。第79期生で、同期に岩崎正哉選手、吉川元浩選手、阿波勝哉選手、別府昌樹選手、澤大介選手らがおり、弟子は松尾昂明選手。

中辻崇人選手は、1996年12月にデビュー。

2012年9月18日に唐津競艇場で開催された「開設59周年記念 全日本王者決定戦」で、3コースからまくり差しを決めてデビューから15年10か月でのG1初優勝を飾った。

2017年11月11日に江戸川競艇場で開催された「東京健康ランドまねきの湯カップ」で、イン逃げを決めて江戸川での通算5勝を果たした。

2018年1月28日に多摩川競艇場で開催された「バニラビーンズカップ」3日目の12Rで、5コースからまくり差しを決めて通算1,500勝を達成した。

2019年12月24日に唐津競艇場で開催された「富士通フロンテック杯」で、節間7連勝し自身初の完全優勝を果たした。

中辻崇人選手の特徴・得意なコース

続いては、中辻崇人選手の得意なコースを見ていこう。

中辻崇人選手は、イン逃げを得意としている選手であり、1コースにおける勝率は44.4%をマークしている。また、2コースからの差しも得意としていて、2コースでの3着内率は1コース(87.7%)に次ぐ高さの68.0%をマークしていた。

中辻崇人選手の平均スピードタイミングは0.15と、平均的なスタートタイミングとなっている。スタート事故は年に1回ほど起こしている。

中辻崇人選手は、SG競走での優勝経験がなく、G1競走での優勝も前述の2012年の唐津競艇場の記念競走のみとなっている。しかし、一般競走では常に優勝争いに名を挙げていて、どのコースからの登場でも1着を獲れる実力を持っている。

中辻崇人選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 開設59周年記念 全日本王者決定戦(2012年9月18日・唐津競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ