稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【香川】中村晃朋選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
香川支部4739111期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.2940.50%60.83%143回3回
中村裕将選手 特徴

中村 晃朋(なかむら あきとも)選手は、埼玉支部に所属するA1級の競艇選手。第111期生で、同期に安河内将選手、金光佑治選手らがいる。妹は中村桃佳選手、師匠は重成一人選手。

中村晃朋選手は、第111期生としてやまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)に入学。在籍時にリーグ勝率5.88(準優出4回・優出1回・第3戦欠場)という成績を残した。

中村晃朋選手は、2012年11月16日に丸亀競艇場で開催された「オータムナイトレース」初日の2Rでデビューし、2013年9月3日に唐津競艇場で開催された「九州スポーツ杯」初日の2Rで、6コースからまくりを決めて初勝利を飾った。

2014年11月25日に平和島競艇場で開催された「全国ボートレース専門紙記者クラブ杯」で初優出を果たした。

2018年2月9日に丸亀競艇場で開催された「第61回四国地区選手権競走」初日の3RでG1初出走し、イン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

2019年7月2日に丸亀競艇場で開催された「第6回ウエスタンヤング」で、3コースからまくり差しを決めて初優勝を飾った。

中村晃朋選手の特徴・得意なコース

続いては、中村晃朋選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

中村晃朋選手の平均スタートタイミングは0.14で、早めのスタートタイミングとなっている。フライングをはじめとしたスタート事故は少なく、スタート力のある選手と言える。

データを見てみると、1コースの3連対率が92.3%、2コースの3連対率が63.6%と、インコースを得意としていることがわかる。主な決まりてはイン逃げと2コースからの差し、そして3コースからのまくり。

中村晃朋選手は、現時点でSG競走やG1競走での優勝歴がないが、一般競走においては常に優勝争いに絡んでいる。どのコースからの登場でも連に絡み、6コース以外では1着を狙える実力を持っている。

中村晃朋選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ