稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【香川】川原祐明選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
香川支部4852115期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.2342.90%65.10%149回3回
川原祐明選手 特徴

川原 祐明(かわはら ひろあき)選手は、香川支部に所属するA1級の競艇選手。第115期生で、同期に野中一平選手、仲谷颯仁選手、関浩哉選手らがいる。師匠は重成一人選手。

川原祐明選手は、2014年11月11日に丸亀競艇場で開催された「第4回琴参バスカップ」初日の2Rでデビューし、2015年2月18日に児島競艇場で開催された「備南競艇事業組合39周年記念競走」2日目の2Rで6コースからまくり差しを決めて初勝利を飾った。

2017年4月27日に児島競艇場で開催された「スポーツニッポン杯」で初優出し、優勝戦では2着に入った。

前期勝率5.50をマークし、2019年1月よりA2級に昇級。

2019年2月10日に鳴門競艇場で開催された「第62回四国地区選手権競走」初日の5RでG1初出走し、9月20日に三国競艇場で開催された「第6回ヤングダービー」3日目の2Rで2コースから2号艇の今井美亜選手を抜いてG1初勝利を飾った。

2020年前期でA1級に昇級

川原祐明選手の特徴・得意なコース

続いては、川原祐明選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

川原祐明選手の平均スタートタイミングは0.15で、平均的なスタートタイミングとなっている。フライングをはじめとしたスタート事故は少なく、安定したスタート力を持っているといえる。

川原祐明選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率が50.8%をマークしている。このほか4コースも得意としており、3連対率で1コース(74.1%)に次いで高い60.4%をマークしている。

川原祐明選手は、現時点で優勝歴がないが、頻繁に優勝争いに絡んでいる。どのコースからの登場でも連に絡み、6コース以外では1着を狙える実力を持っている。

川原祐明選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ