稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【広島】村松修二選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
三重支部4808114期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.6248.00%61.84%152回5回
村松修二選手 特徴

村松 修二(むらまつ しゅうじ)選手は、広島支部に所属するA1級の競艇選手。第114期生で、同期に中村桃佳選手、羽野直也選手、松尾拓選手らがいる。師匠は西野翔太選手。

村松修二選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時に、リーグ戦勝率6.35(準優出3回、優出4回、優勝1回)の成績を残し、卒業記念競走に優出した。

2014年5月7日に宮島競艇場で開催された「第21回日本財団会長杯」初日の3Rでデビューし、7月1日に宮島競艇場で開催された「第8回ヤクルトカップ」最終日の4Rで、6コースからコンマ04のトップスタートを切り、同コースよりまくりを決めて初勝利を飾った。

2015年11月29日に丸亀競艇場で開催された「第5回琴参バスカップ」で初優出を果たし、優勝戦で4コースからまくり差しを決めて初優勝を飾った。

2017年9月19日に蒲郡競艇場で開催された「第4回ヤングダービー」初日の5RでG1初出走し、2018年3月26日に蒲郡競艇場で開催された「開設62周年記念 オールジャパン竹島特別」2日目の12Rで、3コースから差しを決めてG1初勝利を飾った。

2020年2月17日に宮島競艇場で開催された「第63回中国地区選手権」でG1初優出し、優勝戦で4コースからまくりを決めてG1初優勝を飾った。

2020年3月17日に平和島競艇場で開催された「第55回ボートレースクラシック」初日の3RでSG初出走を果たし、同節2日目(18日)の1Rでイン逃げを決めてSG初勝利を飾った。

村松修二選手の特徴・得意なコース

続いては、村松修二選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

村松修二選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率が72.1%をマークしている。このほか、2コースや3コースも得意としており、3連対率は2コースが74.1%、3コースが68.8%。

村松修二選手の平均スタートタイミングは0.14と、SG級の選手としても比較的早いスピードタイミングとなっている。そのうえスタート事故は少なく、どのコースからも安定したスタートを切っている。

村松修二選手は一般競走において常に優勝候補の1人とされていて、今年に入り初のG1優勝を果たすなどの活躍を見せている。どのコースからの登場でも連に絡み、6コース以外では1着を狙える実力を持っている。

村松修二選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 第63回中国地区選手権(2020年2月17日・宮島競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ