稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【徳島】河野大選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
徳島支部4704110期A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.0241.40%54.47%123回2回
河野大選手 特徴

河野 大(かわの だい)選手は、徳島支部に所属するA2級の競艇選手。第110期生で、同期に上條暢嵩選手、喜多須杏奈選手、白神優選手らがいる。

芦澤望選手は、中央大学卒業後にやまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)に入学。在籍時はリーグ戦勝率5.25(準優出2回、優出2回)の成績を残した。

2012年5月3日に鳴門競艇場で開催された「第22回日本モーターボート選手会会長杯競走」初日の1Rでデビューし、12月20日に鳴門競艇場で開催された「ありがとう2012カップ競走」初日の1Rで、6コースからまくりを決めて初勝利を飾った。

2013年7月4日に芦屋競艇場で開催された「アシ夢テラスオープン3周年記念」で初優出を果たした。

2015年2月10日に丸亀競艇場で開催された「第58回四国地区選手権競走」初日の4RでG1初出走し、同節2日目(11日)の2Rでイン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

2018年8月17日に鳴門競艇場で開催された「第51回渦王杯競走」で、4コースからまくりを決めて初優勝を飾った。

2019年2月15日に鳴門競艇場で開催された「第62回四国地区選手権競走」でG1初優出し、優勝戦で4コースからまくり差しを決めてG1初優勝を飾った。

河野大選手の特徴・得意なコース

続いては、河野大選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

河野大選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は66.2%、3着内率も83.9%と高めの数値をマークしている。このほかにも、3コースの3着内率が64.3%と高めとなっている。

河野大選手の平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングとなっている。スタート事故はやや多い。

河野大選手はSG競走の出走経験がないものの、一般競走においてはたびたび優勝争いに絡んでいる。外寄りのコースよりも内寄りのコースでの3着内率が高いことから、内寄りの艇番に入ったときが舟券の買い時と考えられる。

河野大選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 第62回四国地区選手権競走(2019年2月15日・鳴門競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ