稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【滋賀】吉川昭男選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
滋賀支部358270期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.6655%67.11%149回7回
吉川昭男選手 特徴

吉川 昭男(よしかわ あきお)選手は、滋賀支部に所属するA1級の競艇選手。第70期生で、同期に前本泰和選手、濱野谷憲吾選手、西村勝選手らがいる。弟は吉川喜継選手。

吉川昭男選手は、1992年5月にびわこ競艇場で70期生としてデビュー。

2019年2月21日に芦屋競艇場で開催された「マンスリーBOATRACE杯 男女W優勝戦」2日目の4Rで、イン逃げを決めて通算2,000勝を達成。功労賞として芦屋町の伝統工芸品「八朔の馬」が贈呈された。

2019年3月27日にびわこ競艇場で開催された「第62回結核予防事業協賛 秩父宮妃記念杯」で、イン逃げを決めて特別戦初優勝を飾った。

吉川昭男選手の特徴・得意なコース

続いては、吉川昭男選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

吉川昭男選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は61%、3着内率も84.4%と高めの数値をマークしている。このほかにも、2コースの3着内率が65.8%、3コースが65.1%と高めになっている。

吉川昭男選手の平均スタートタイミングは0.15で、SG級の選手としても早いスタートタイミングとなっている。スタート事故は比較的少ない。

吉川昭男選手はSGやG1競走での活躍が少ないが、一般競走においては優勝争いにはしばしば名を挙げている。6コース以外であれば、どのコースからの登場でも連に絡み、1着が獲れる実力を持っている。

吉川昭男選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • 第62回結核予防事業協賛 秩父宮妃記念杯(2019年3月27日・びわこ競艇場)
ページトップへ