稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【東京】福島勇樹選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
東京支部408387期A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.0141.50%59.29%113回2回
福島勇樹選手 特徴

福島 勇樹(ふくしま ゆうき)選手は、東京支部に所属するA2級の競艇選手。同期に石橋道友選手や杉山正樹選手、出畑孝典選手らがいる。

2003年11月常滑競艇のドラゴン大賞でデビュー

2002年1月14日、常滑競艇場でデビュー初優出

2003年7月12日、蒲郡競艇場で開催された「第22回蒲郡ボート大賞」でデビュー初優勝

2004年6月12日、江戸川競艇場で行われた「江戸川大賞 開設49周年競走」で、G1初出走、3日目においてG1初勝利

2009年5月17日、蒲郡競艇場で行われた「オールジャパン竹島特別 開設54周年記念競走」で、G1初優出

2009年8月4日、浜名湖競艇場で行われた「ダイヤモンドカップ」でG1初優勝

2009年12月18日、住之江競艇場で行われた賞金王シリーズ戦でSG初出走、12月21日、SG初勝利

2018年1月29日、通算1000勝達成

福島勇樹選手の特徴・得意なコース

続いては、福島勇樹選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

福島勇樹選手は1コースからの「逃げ」が上手く、1コースでの1着率は81.8%である。

福島勇樹選手の平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングと言える。

2021年現在、一般戦の優勝経験は多いが、重賞での優勝は2004年の「04新鋭リーグ戦」(GⅢ・徳山)と2009年「GⅠ浜名湖ダイヤモンドカップ」(GⅠ・浜名湖)の2回である。

SGやG1競走での活躍が少ないが、一般競走においてはコンスタンスに優勝争いに絡んでいる。インコースからの登場では連に絡み、高確率で1着を獲れる実力を持っている。

福島勇樹選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • G1浜名湖ダイヤモンドカップ(2009年8月4日・浜名湖競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ