稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【群馬】関浩哉選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
群馬支部4851115期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.2046.90%62.60%115回3回
関浩哉選手 特徴

関 浩哉(せき ひろや)選手は、愛知支部に所属するA1級の競艇選手。同期に豊田健士郎選手や仲谷颯仁選手、権藤俊光選手らがいる。

やまと学校時代の勝率は6.44。リーグ優出3回。

2014年11月6日、桐生競艇場での第36回デイリースポーツ杯(一般戦)でデビュー。

2015年2月21日、平和島競艇場で行われた第4回マルコメ杯で水神祭を飾る。

2015年8月3日、住之江競艇場で行われた第44回飛龍賞競走で初優出。

2018年9月、浜名湖競艇場で開催された第5回ヤングダービー競走でGG1初出場・初優勝

関浩哉選手の特徴・得意なコース

続いては、関浩哉選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

関浩哉選手はインコースを得意とする選手であり、3回の優勝レースはすべてインコースでの登場である。

関浩哉選手の平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングと言える。

G1で初優勝を決めたのは、1988年に四国選手権を制した山下将人(引退)以来、史上2人目であり、プレミアムG1では史上初。またヤングダービーの最年少覇者でもある(2019年時点)

優勝回数は3回と少ないが、一般競走においてはコンスタンスに優勝争いに絡んでいる。インコースからの登場では連に絡み、高確率で1着を獲れる実力を持っている。

関浩哉選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 第5回ヤングダービー(2018年9月24日 ・浜名湖競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ