稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【群馬】上村純一選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
群馬支部4645108期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.3163.10%73.68%152回10回
上村純一選手 特徴

上村 純一(うえむら じゅんいち)選手は、群馬支部に所属するA1級の競艇選手。同期に山田亮太選手、赤羽大樹選手、磯部温志選手らがいる。

ボートレーサーになる前は群馬県の車の部品メーカーで働きながらカーレーサーをしていたが、29歳でやまと学校に108期でとして入所し、競艇選手となった。

ただデビューから2ヵ月後に30歳になったことでヤングダービーの年齢制限をオーバー、ルーキーながら出場資格は得られなかった。

2011年5月11日、桐生競艇場の一般戦「被災地支援競走 第5回マンスリーKYOTEI杯」でデビュー。

2011年7月5日、多摩川競艇場での一般戦「第47回デイリースポーツ賞」4日目1Rで5号艇5コースからまくり差しを決めデビュー初勝利。

2015年3月29日、三国競艇場での一般戦「やよい第1戦」で3号艇3コースから差しを決めデビュー初優勝を飾った。

上村純一選手の特徴・得意なコース

続いては、上村純一選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

上村純一選手はインコースを得意とする選手であり、優勝の決め手の大半は1コースからの「逃げ」である。

平均スタートタイミングは0.15と平均的なスピードである一方、スタート事故は年1~2度程度と起こしている。

SGやG1はおろか、重賞レースでの優勝経験は1度もないが、一般戦に中心に活躍している。

上村純一選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ