稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【大阪】木下翔太選手のデータ

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
大阪支部 4659 108期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
6.63 44.40% 58.73% 126回 4回

木下翔太選手 特徴

木下 翔太(きのした しょうた)選手は、大阪支部に所属するA1級の競艇選手。第108期生で、同期に江崎一雄選手、山田亮太選手らがいる。実母は木下由美子元選手、実父は新保敬義元選手。

木下翔太選手は、母子家庭でお金を稼ぎたいという目的と、元競艇選手である両親の影響により、2011年にやまと競艇学校に入学。やまと競艇学校時代に優出6回、勝率6.82という成績を残した。これは、江崎一雄選手、篠田優也選手に次いで3位の成績である。

木下翔太選手は、2011年5月3日に住之江競艇場で開催された「東日本大震災被災地支援競走 2011ラピートカップ」初日の1Rでデビューを果たす。翌月15日に徳山競艇場で開催された「東日本大震災被災地支援競走 サンケイスポーツ杯争奪戦」5日目の1Rでは、6コースからまくり差しを決めて初勝利を飾った。

2012年9月17日に常滑競艇場で開催された「日刊スポーツ杯争奪 第22回マリンキング決定戦」で初優出したが、優勝戦は選手責任外により失格となった。

2013年1月16日に尼崎競艇場で開催された「開設60周年記念 近松賞」5日目の1RでG1初出走を果たしたが、選手責任により失格となった。

2015年5月24日に唐津競艇場で開催された「唐津ルーキーシリーズ第2戦」では、1コースからコンマ13のトップスタートを決め、逃げ切ることに成功して初優勝を飾った。同年後期より、B1級から飛び級でA1級に初昇格した。

2016年1月23日に唐津競艇場で開催された「開設62周年記念 全日本王者決定戦」5日目の1Rで、3コースからまくり差しを決めてG1初勝利を飾った。同年4月10日に津競艇場で開催された「開設64周年記念 つつじ賞王座決定戦」でG1初優出。同優勝戦では5着に入った。

2017年12月19日に住之江競艇場で開催された「第32回グランプリ/グランプリS」初日の5Rで自身初のSG競走およびグランプリ出場を果たした。同節5日目(23日)の7Rでは、1コースからコンマ08のトップスタートを決めて逃げ切りSG初勝利を果たした。

木下翔太選手の特徴・得意なコース

続いては、木下翔太選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

木下翔太選手は、デビューから23戦目で初勝利を飾っているが、デビュー期には4.02という勝率を残している。それに加えG1競走においては毎年優勝候補に挙がっており、舟券絡みは悪くないほうである。

木下翔太選手の平均スタートタイミングは0.15で、平均的なスタートタイミングとなっている。フライングは2014年より毎年1回のペースで起こしている。

木下翔太選手は、まだSG競走やG1競走での優勝歴はないが、2017年と昨年の賞金ランキングでは42位にランクインしており、徐々に頭角を現してきている。インコースを得意としており、1コースからの登場となるレースでは注目である。

木下翔太選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし(優出8回)

G2の優勝歴

  • なし(優出3回)
ページトップへ