稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【岡山】白神優選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
岡山支部4713110A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
5.9144.10%58.82%136回2回
白神優選手 特徴

白神優(しらがみ ゆう)は、岡山支部に所属するA1級の競艇選手。110期生で、同期に上條暢嵩選手、西沢日花里選手、八十岡恵美選手らがいる。

白神優選手は、2012年5月3日に児島競艇場で開催された「第28回鷲羽杯」初日の2Rでデビューし、12月4日に福岡競艇場で開催された「スポーツニッポン杯争奪戦」最終日の1Rで、5コースから抜きを決めて初勝利を飾った。

2014年2月23日に下関競艇場で開催された「美祢組合開催46周年競走」で初優出し、優勝戦では5着に入った。

2017年9月19日に蒲郡競艇場で開催された「第4回ヤングダービー」初日の8RでG1初出走を果たし、3着に入った。

2017年10月13日に若松競艇場で開催された「ルーキーシリーズ第9戦植木通彦フェニックスカップ」で、3コースから差しを決めて初優勝を飾った。

2018年2月17日に児島競艇場で開催された「第61回中国地区選手権競走」2日目の2Rで、1コースから抜きを決めてG1初勝利を飾った。

白神優選手の特徴・得意なコース

続いては、白神優選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

白神優選手の平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングと言える。スタート事故は比較的少なめ。

白神優選手は、近年1着率20.6%・3連対率58.82%と高くない数値をマークしていて、成績が伸び悩んでいる。ただし、どのコースからの登場でも連に絡むうえに1着を獲れる実力を持っている。

白神優選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ