稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【埼玉】池上裕次選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
埼玉支部324558期B1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
3.7816.30%27.88%104回0回
池上裕次選手 特徴

池上 裕次(いけがみ ゆうじ)選手は、埼玉支部に所属するB1級の競艇選手。第58期生で、同期に平石和男選手、三角哲男選手、田頭実選手らがいる。叔父は皆川武選手。

池上裕次選手は、1964年9月13日に福島県石城郡湯本町(現・いわき市)に生まれ、小学生の頃より競艇選手を志していた。

本栖研修所(現ボートレーサー養成所)には6回目の受験で合格。1985年の春に58期生として入所し、模擬レースで勝率1位を記録した。

1986年にデビューし、デビューから半年でC級からA級に昇級し、1988年に3回優勝したことから最優秀新人賞を受賞した。

1991年に戸田競艇場で開催された「開設35周年記念 戸田プリムローズ」でG1初優勝を飾った。

2000年10月9日に戸田競艇場で開催された「第47回全日本選手権」の優勝戦で、3周1マークまで川崎智幸選手を競い合いSG初優勝を飾った。

池上裕次選手の特徴・得意なコース

続いては、池上裕次選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

池上裕次選手は、これまでにSGで1勝、G1で5勝しているが、いずれも戸田競艇場で開催されたレースでの優勝である。このようにホームプールである戸田競艇場で高い競走実績を持っていることから「戸田天皇」の異名を持っていた。

池上裕次選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率が50.8%をマークしている。このほか2コースからのまくりも得意としており、2コースでの3着内率は1コース(82.1%)に次いで高い60.8%をマークしている。

池上裕次選手は、近年優勝および優勝争いから遠ざかっており、2019年以降は一切絡んでいない。1コースから4コースまでに入っている場合は1着を狙える実力を持っている。

池上裕次選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第47回全日本選手権競走(2000年10月9日・戸田競艇場)

G1の優勝歴

※「戸田プリムローズ」としているが、池上裕次選手の優勝当時の名称は「戸田グランプリ」
  • 開設35周年記念 戸田プリムローズ(1991年・戸田競艇場)
  • 開設38周年記念 戸田プリムローズ(1994年・戸田競艇場)
  • ダイヤモンドカップ競走(1995年・戸田競艇場)
  • 開設45周年記念 戸田プリムローズ(2002年3月31日・戸田競艇場)
  • 開設48周年記念 戸田プリムローズ(2005年3月13日・戸田競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ