稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【岡山】山本寛久選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
岡山支部387479期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.4544.50%64.23%137回3回
山本寛久選手 特徴

山本 寛久(やまもと ひろひさ)選手は、岡山支部に所属するA1級の競艇選手。第79期で、同期に吉川元浩選手、阿波勝哉選手、中辻崇人選手、岩崎正哉選手らがいる。

山本寛久選手は、元競艇選手だった叔父や、従弟の平尾崇典選手に影響されて、競艇選手を志した。

山本寛久選手は1996年11月に児島競艇場で開催された一般競走でデビューしたが転覆。その後8走目で水神祭を飾った。

2001年4月に宮島競艇場で開催された一般戦で初優勝を飾った。

2002年1月に津競艇場で開催された「第16回新鋭王座決定戦」でG1初出場し、同節で初優出。優勝戦では6着に入った。

2004年11月に児島競艇場で開催された「第7回チャレンジカップ」でSG初出場し、3日目に1号艇で逃げを決め、SG初勝利を飾った。

2014年6月16日に開催された「第62回全日本覇者決定戦」で優勝を飾った。これによりデビューから17年7か月でG1初優勝を飾ることとなった。

山本寛久選手の特徴・得意なコース

続いては、山本寛久選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

山本寛久選手の平均スタートタイミングは0.17で、かなり遅めのスタートタイミングとなっている。にもかかわらず、1年間に1,2回ほどフライングを犯すことがあるため、スタートを苦手としているように見える。

データで見てみると、1コースでの3連対率は83.3%と高い数値をマークしているが、6コースは29.4%と極端に低く、後者にいたっては1着に入った経験がない。

山本寛久選手は、SG競走での優勝歴がなく、G1競走についても前述の1勝しかしていないが、一般競走で優勝を重ねており、G1競走でもコンスタントに優勝争いに絡んできている。インコースに入った時、そして良いモーターを当てた節のレースでは注目である。

山本寛久選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 開設62周年記念 全日本覇者決定戦(2014年6月16日・若松競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ