稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【群馬】金子拓矢選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
群馬支部430595期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.4642.20%58.53%123回3回
金子拓矢選手 特徴

金子 拓矢(かねこ たくや)選手は、群馬支部に所属するA1級の競艇選手。95期生で、同期に山田哲也選手、岡村仁選手、峰竜太選手。

金子拓矢選手は、やまと競艇学校在籍時にリーグ戦勝率5.10(準優出2回、優出2回)の成績を残した。その後、2004年11月13日に桐生競艇場で開催された一般戦競走初日の2Rで第95期生としてデビューした。

2005年4月4日に蒲郡競艇場で開催された「第7回蒲郡ムーンライトレース」3日目の1Rで、6コースからまくりを決めて初勝利を飾った。

2008年5月15日に桐生競艇場で開催された「第15回桐生タイムス杯」で初優出し、優勝戦では3着に入った。

2009年1月20日にびわこ競艇場で開催された「第23回新鋭王座決定戦」初日の4RでG1初出走し、イン逃げを決めてG1初勝利を飾った。同節最終日(25日)にG1初優出した。

2009年7月26日に尼崎競艇場で開催された「第2回WEB競艇TV杯」で、5コースからまくりを決めて初優勝を飾った。

2016年3月19日に丸亀競艇場で開催された「日本財団会長杯争奪ナイター王決定戦」初日の9Rで、3コースからまくり差しを決めて通算500勝を達成した。

2018年2月14日に江戸川競艇場で開催された「第63回関東地区選手権」初日の5Rで、イン逃げを決めてG1初優勝を飾った。

2018年3月16日に浜名湖競艇場で開催された「第53回ボートレースクラシック」初日の5RでSG初出走し、同節2日目(17日)の3Rで4コースから差しを決めてSG初勝利を飾った。

金子拓矢選手の特徴・得意なコース

続いては、金子拓矢選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

金子拓矢選手の平均スタートタイミングは0.14と、SG級の選手としても早いスタートタイミングとなっている。スタート事故は毎年1~2回ほど起こしている。

金子拓矢選手は、SG競走での優勝歴がないが、G1競走や一般競走において優勝争いに絡むほどの実力を持っている。どのコースからの登場でも連に絡む実力を持っているが、6コースからの登場の場合は勝ち切れない状態にある。

金子拓矢選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 第63回関東地区選手権(2018年2月14日・江戸川競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ