稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【福岡】羽野直也選手のデータ

所属 登録番号 登録期 級別 特徴
福岡支部 4831 114期 A1級 自在
勝率 2連対率 3連対率 出走回数 優出回数
6.78 42.30% 60.16% 118回 2回

羽野直也選手 特徴

羽野 直也(はの なおや)選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。第114期生で、同期に中村桃佳選手、村松修二選手、松尾拓選手らがいる。師匠は別府真之選手。実弟は羽野諒選手。

羽野直也選手は、2014年5月16日に若松競艇場で開催された「アサヒワンダカップ」初日の2Rでデビューし、3着に入った。翌年4月18日に若松競艇場で開催された「西部ボートレース記者クラブ杯」5日目の2Rで、6コースから差しを決めて初勝利を飾った。

2016年1月17日に平和島競艇場で開催された「第5回マルコメ杯」で初優出し、同年7月19日に芦屋競艇場で「BP高城オープン18周年記念」で5コースからまくりを決めて初優勝を飾った。

2017年6月14日に住之江競艇場で開催された「開設61周年記念 太閤賞競走」5日目の2RでG1初出走し、同年9月21日に蒲郡競艇場で開催された「第4回ヤングダービー」3日目の7Rでイン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

2017年10月7日に大村競艇場で開催された「開設65周年記念 海の王者決定戦」でG1初優出し、優勝戦では2コースからコンマ06のトップスタートを切り、2コースから差しを決めてG1初優勝を飾った。

2017年12月19日に住之江競艇場で開催された「第32回グランプリ/グランプリS」初日の1RでSG初出走し、同節4日目(22日)の4Rで1コースからコンマ06のトップスタートを決めて逃げ切りG1初勝利を飾った。

羽野直也選手の特徴・得意なコース

続いては、羽野直也選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

羽野直也選手の平均スタートタイミングは0.15で、平均的なスタートタイミングとなっている。スタート事故も非常に少ないため、スタートを苦にしている様子はない。

羽野直也選手は登録の翌年から3年間で、新人選手の中で賞金獲得額・勝率・1着回数において1位となり、最も優秀な成績を残したことから、2018年1月5日「平成29年優秀選手」の最優秀新人選手賞を獲得した。

さらに2018年トップルーキーとされ、今後の活躍に期待されている。

羽野直也選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 開設65周年記念 海の王者決定戦(2017年10月7日・大村競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ