稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【岡山】守屋美穂選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
岡山支部4482101期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.2444.50%63.22%155回5回
守屋美穂選手 特徴

守屋 美穂(もりや みほ)選手は、岡山支部に所属するA1級の競艇選手。第101期生で、同期に篠崎仁志選手、平田健之佑選手、後藤翔之選手、片岡雅裕選手、山下友貴選手、櫻本あゆみ選手らがいる。実兄は守屋大地選手で、師匠は小畑実成選手。キャッチフレーズは「艇界の怪力美人レーサー」。

岡山県立倉敷商業高等学校在学中に重量挙げ48kg級の選手として活躍し、2006年の全国高等学校女子ウエイトリフティング競技選手権大会で優勝した守屋美穂選手は、卒業後にやまと競艇学校(現・ボートレーサー養成所)に入学。2007年5月24日にやまと競艇学校で開催されたリーグ戦の第1戦で優勝し、9月21日に開催された卒業記念競走優勝戦では3着に入った(リーグ勝率6.76・準優出5回・優出5回・優勝1回)。

守屋美穂選手は、2007年11月20日に尼崎競艇場で開催された「競艇ニュース杯」初日の2Rでデビューし、12月29日にびわこ競艇場で開催された「2007年末ファイナル」5日目の7Rで6コースから差しを決めて初勝利を飾った。

2009年5月14日に徳山競艇場で開催された「九州スポーツ杯’09女子リーグ戦第3戦」で初優出し、優勝戦では6号艇で登場して5着に入った。

2012年2月28日に多摩川競艇場で開催された「第25回女子王座決定戦」初日の5RでG1初出走し、8月2日に若松競艇場で開催された「第26回女子王座決定戦競走」3日目の10RでG1初勝利を飾った。

2013年2月28日に鳴門競艇場で開催された「ガールズちゃんねる開設記念 オール女子戦なると金時杯」で5コースからまくり差しを決めて初優勝を飾った。

2014年5月27日に福岡競艇場で開催された「第41回ボートレースオールスター(笹川賞)」初日の5RでSG初出走し、5着に入った。

2014年12月31日に住之江競艇場で開催された「第3回クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)」でG1初優出し、優勝戦では6号艇から登場して4着に入った。

2018年5月23日に尼崎競艇場で開催された「第45回ボートレースオールスター」2日目の1Rでイン逃げを決めてSG初勝利を飾った。

2018年11月22日に芦屋競艇場で開催された「第21回チャレンジカップ/G2レディースチャレンジカップ」3日目の1Rで、4コースからまくりを決めて通算500勝を達成した。

守屋美穂選手の特徴・得意なコース

続いては、守屋美穂選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

守屋美穂選手の進入コースは基本的に枠なり進入だが、機会があれば少しでも内寄りのコースを狙うように動く。その一方、強引な前づけや内寄りのコースを積極的に狙うようなことはない。

守屋美穂選手の平均スタートタイミングは0.17と、SG級の選手としては比較的遅めのスタートタイミングとなっている。スタート事故が多々ある。デビューからしばらくの間はスタート事故が多かったものの、近年は少ない傾向にある。

守屋美穂選手はSGやG1競走での活躍が少ないものの、ヴィーナスシリーズで頻繁に優勝争いに絡む実力を持っている。良いモーターを引き当てた節のレースでは注目である。

守屋美穂選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし(優出2回)

G2の優勝歴

  • なし(優出2回)
ページトップへ