稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【静岡】横澤剛治選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
静岡支部395682期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.2846.00%64.47%152回4回
横澤剛治選手 特徴

横澤 剛治(よこざわ こうじ)選手は、静岡支部に所属するA1級の競艇選手。第82期生で、同期の坪井康晴選手や菊地孝平選手とともに「静岡(遠州)三羽ガラス」と呼ばれている。

横澤剛治選手は、静岡県立浜松湖東高等学校卒業後、本栖研修所(現・ボートレーサー養成所)での競艇研修を経て、1998年5月8日に浜名湖競艇場でデビューし、デビュー戦にして6コースからまくりを決めて初勝利を飾った。

1999年9月8日に江戸川競艇場で開催された「’99新鋭リーグ戦競走第15戦」で初優出した。

2000年、A2級に昇格し、2月3日に蒲郡競艇場で開催された「第45回東海地区選手権競走」初日の1RでG1初出走し、同節5日目(7日)の2Rで4コースからまくりを決めてG1初勝利を飾った。

2001年5月15日に浜名湖競艇場で開催された「第28回笹川賞競走」初日の1RでSG初出走を果たし、2着に入った。2001年11月4日に江戸川競艇場で開催された「第3回日本財団会長杯争奪戦競走」で、2コースからまくりを決めて初優勝を飾った。なお、この年にA1級に昇格している。

2004年3月14日に三国競艇場で開催された「三国50周年記北陸艇王決戦」でG1初優出し、優勝戦では4着に入った。

2004年3月28日に福岡競艇場で開催された「第39回総理大臣杯」でSG初優出したが、優勝戦はフライングにより失格となった。

2006年7月25日に若松競艇場で開催された「第11回オーシャンカップ」初日の8Rで、瓜生正義選手のフライングによる恵まれによりSG初勝利を飾った。

2006年8月30日に丸亀競艇場で開催された「一般競走」2日目の6Rで、4コースから差しを決めて通算500勝を達成した。

2012年8月24日に浜名湖競艇場で開催された「SUZUKI スピードカップ」初日の7Rで、2コースからまくりを決めて通算1,000勝を達成した。10月8日に江戸川競艇場で開催された「江戸川634杯 モーターボート大賞」で、2コースからまくりを決めて自身初のG2以上のグレードでの優勝を飾った。

2016年12月21日に桐生競艇場で開催された「第19回東京スポーツ杯」でイン逃げを決めて通算50優勝を達成した。

横澤剛治選手の特徴・得意なコース

続いては、横澤剛治選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

横澤剛治選手の平均スタートタイミングは0.18と、SG級の選手としては比較的遅めのスタートタイミングとなっている。スタート事故は、ほぼ毎年最低1回ほどは起こしている。

横澤剛治選手は、2001年に初優勝を飾って以来、毎年優勝を記録していたが、2018年で途切れてしまっている。しかしながら、優勝が途切れてしまった現在でも、優勝争いに絡む実力を持っている。

横澤剛治選手は、静岡(遠州)三羽ガラスの中で唯一SGやG1競走での優勝を果たしていない選手だが、SGやG1競走においては優勝争いに絡む実力を持っている。荒天時のレースでは注目である。

横澤剛治選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし(2回)

G1の優勝歴

  • なし(優出15回)

G2の優勝歴

  • 江戸川634杯 モーターボート大賞(2012年10月8日・江戸川競艇場)
ページトップへ