稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【三重】新田雄史選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
三重支部434496期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
7.6750.70%72.65%128回8回
新田雄史選手 特徴

新田 雄史(にった ゆうし)選手は、三重支部に所属するA1級の競艇選手。第96期生で、師匠は井口佳典選手で、同期に平本真之選手、魚谷香織選手、篠崎元志選手らがいる。

新田雄史選手は、三重県立松阪高等学校中退後、やまと競艇学校に入所。競艇学校時代にはリーグ戦勝率8.48(準優出4、優出4、優勝2)という成績を残し、卒業記念競走を制し、やまとチャンプ(現・養成所チャンプ)となった。

新田雄史選手は、2005年5月14日に浜名湖競艇場で開催された一般競走にてデビューし、6月1日に津競艇場で開催された初勝利を果たした。その後2006年5月3日に常滑競艇場で開催された一般競走で初優出し、2007年9月12日に浜名湖競艇場で開催された「GⅢ2007新鋭リーグ戦第16戦 若鮎杯」優勝戦を1号艇からのイン逃げで初優勝を飾った。

2007年11月29日に尼崎競艇場で開催された「モーターボート大賞」でG1初出走し、2009年1月20日にびわこ競艇場で開催された「第23回新鋭王座決定戦」でG1初優出。同年10月29日にびわこ競艇場で開催された「開設57周年記念 びわこ大賞」にて1号艇からのイン逃げによりG1初優勝した。

私生活では、2009年4月2日に師匠の井口佳典選手の「第23回賞金王決定戦競走優勝祝勝会」の席上で結婚を発表し、8月に第一子が誕生。

2009年12月18日に住之江競艇場で開催された「第24回賞金王シリーズ戦」でSG初出走し、同節間のSG3走目にしてSG初勝利を挙げ、SG初準優出を果たしている。ちなみに準優勝戦では4着に入った。

2010年5月30日に浜名湖競艇場で開催された「第37回笹川賞」でSG初優出し、2013年5月26日に福岡競艇場で開催された「第40回笹川賞」優勝戦にて5号艇より3コースに入り、コンマ06のトップスタートからの差しで念願のSG初優勝を果たした。

新田雄史選手の特徴・得意なコース

続いては、新田雄史選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

新田雄史選手は、インコースを狙える時は、とことん狙うという特徴がある。コース別進入率を見てもインコースが高く、3連対率もインコースのほうが高い。このことから、新田雄史選手はインコース寄りになるほど実力を発揮する傾向にあることがわかる。

新田雄史選手の平均スタートタイミングは0.15で、そこそこ早いスタートタイミングではあるが、アウトコースからのスタートとなると遅くなるという特徴がある。新田雄史選手はアウトコースを苦手としているようだ。

新田雄史選手は現在でもコンスタントにSGやG1競走にて活躍しており、毎年賞金ランキングの上位に入ってくる実力を持っているため、注目すべき選手の一人である。

新田雄史選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • 第40回 笹川賞(2013年5月26日・福岡競艇場)
  • 第32回 グランプリ/グランプリS – シリーズ戦(2017年12月24日・住之江競艇場)

G1の優勝歴

  • 開設57周年記念 びわこ大賞(2009年10月27日・びわこ競艇場)
  • 京極賞 開設64周年記念競走(2016年6月16日・丸亀競艇場)

G2の優勝歴

  • 第17回 モーターボート誕生祭(2013年7月9日・大村競艇場)
  • 津モーターボート大賞(2015年6月9日・津競艇場)
  • 徳山モーターボート大賞(2017年10月22日・徳山競艇場)
ページトップへ