稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【広島】海野ゆかり選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
広島支部361871期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.7650.00%64.49%138回6回
海野ゆかり選手 特徴

海野 ゆかり(うみの ゆかり)選手は、広島支部に所属するA1級の競艇選手。第71期生で、同期に山崎智也選手、川北浩貴選手、天野晶夫選手、深川真二選手らがいる。宝塚スターのような風貌から、「艇界のタカラジェンヌ」と呼ばれている。

海野ゆかり選手は、進徳女子高等学校卒業後、在学時代に宮島競艇場で鵜飼菜穂子選手の豪快なターンを目の当たりしたことをきっかけに、競艇選手を目指し本栖研修所に入所。卒業後、1992年11月に宮島競艇場にてデビューした。

海野ゆかり選手は、1998年7月に大村競艇場で開催された「スポニチ杯争奪女子リーグ戦競走 第8戦」で初優勝し、2000年に蒲郡競艇場で開催された「第27回 笹川賞」に出場。以降海野ゆかり選手は9年連続で笹川賞に出場した。

2000年3月5日に丸亀競艇場で開催された「第13回 JAL女子王座決定戦競走」でG1初優出し、同年5月23日に蒲郡競艇場で開催された「第27回 笹川賞競走」初日の1RでSG初出場を果たした。2003年5月31日に平和島競艇場で開催された「第30回 笹川賞」5日目の5RでSG初勝利を挙げた。

2004年3月に多摩川競艇場で開催された「第17回 JAL女子王座決定戦競走」でG1初優勝を飾った。

2009年12月8日に児島競艇場で開催された「イーバンク銀行杯」で通算27回目の優勝を果たし、2010年1月16日に若松競艇場で開催された「ポカリスエットナイトクイーンカップ」2日目の11Rで通算1,000勝を達成した。

しかし、2010年3月6日に下関競艇場で開催された「JAL女子王座決定戦競走」の準優勝戦にて横西奏恵選手(当時)や岩崎芳美選手と共にスタート事故を起こし、G13ヶ月除外(当時の罰則)を受けた。その後12月の地区選手権競走でG1復帰を果たしている。

2016年4月12日に住之江競艇場で開催された「男女W優勝戦 第34回 全国地区選抜戦」初日の2Rで1号艇で逃げ切り、通算1,500勝を達成した。これは女子選手としては6人目の快挙となる。

海野ゆかり選手の特徴・得意なコース

続いては、海野ゆかり選手の特徴や得意なコースを見ていこう。

海野ゆかり選手は、かねてより「攻めの気持ち」を忘れずにレースに挑んでおり、それを象徴するように豪快なまくりを得意としている。女子競艇選手の中でも指折りのトップクラスの実力を持っている。

海野ゆかり選手の進入は基本的に枠なり進入であり、多少のコース前後はするものの、強引な前づけやイン寄りのコースを積極的に狙うようなことはない。

平均スタートタイミングは0.18と少々遅めのスタートタイミングとなっている。スタート事故が多く、スタート事故を避けるべくこのスタートタイミングとなっていることが考えられ、スタートはあまり得意ではない印象を受ける。

女子リーグ戦では常に優勝候補のひとりに挙げられ、どの競艇選手を相手取っても、どのコースからでも舟券に絡んでくる実力を持っている。男女混合戦でも十分に戦えるほどで、海野ゆかり選手が出走するレースは注目である。

海野ゆかり選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 第17回 JAL女子王座決定戦(2004年3月7日・多摩川競艇場)
  • 第30回 レディースチャンピオン(2016年8月7日・津競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ