稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【福岡】岡村慶太選手の特徴

所属登録番号登録期級別特徴
福岡支部4545104期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.3045.80%62.94%170回4回
岡村慶太選手 特徴

岡村 慶太(おかむら けいた)選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。第104期生で、同期に松田大志郎選手、中田竜太選手、竹井奈美選手、浜田亜理沙選手らがいる。弟は岡村将也選手、叔父は岡村利継元選手。

岡村慶太選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時にリーグ戦勝率5.86(準優出4回・優出4回)という成績を残した。

2009年5月6日に若松競艇場で開催された「オロナミンCカップ」初日の1Rでデビューし、同節3日目(8日)の1Rで6コースからまくりを決めて初勝利を飾った。

2011年4月26日に児島競艇場で開催された「東日本大震災被災地支援競走 デイリースポーツ杯」で初優出を果たした。

2013年3月7日に若松競艇場で開催された「G3 2013新鋭リーグ戦競走第12戦」で、イン逃げを決めて初優勝を飾った。

2013年9月18日に桐生競艇場で開催された「第28回新鋭王座決定戦」初日の3RでG1初出走し、2015年7月4日に福岡競艇場で開催された「開設62周年記念 福岡チャンピオンカップ」初日の7Rでまくり差しを決めてG1初勝利を飾った。

2018年9月17日にびわこ競艇場で開催された「開設66周年記念 びわこ大賞」でG1初優出を果たし、優勝戦では2着に入った。

2019年2月22日に住之江競艇場で開催された「第1回じぶん銀行賞」3日目の12Rで、4コースから抜きを決めて通算500勝を達成した。

岡村慶太選手の特徴・得意なコース

続いては、岡村慶太選手の得意なコースを見ていこう。

岡村慶太選手は、インコースが有利という常識がある中、積極的にアウトコースに入り、そこから攻めに入るというレーススタイルを得意としていた。このような特徴を持っていたが、近走ではコース主張を行うことが多い。

岡村慶太選手の平均スピードタイミングは0.16と、平均的なスタートタイミングとなっている。スタート事故はやや多い。

岡村慶太選手は、現時点でSGやG1競走での優勝歴はないが、一般競走では常に優勝争いに名を挙げている。どのコースからの登場でも連に絡み、6コース以外では1着を狙える実力を持っている。

岡村慶太選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし(優出1回)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ