稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【大阪】照屋厚仁選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
大阪支部437598期A2級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
5.7840.90%60.00%105回1回
照屋厚仁選手 特徴

照屋 厚仁(てるや あつひと)選手は、兵庫支部に所属するA2級の競艇選手。第98期生で、同期に平山智加選手、松田祐季選手、鶴本崇文選手らがいる。師匠は再従兄弟にあたる山本隆幸選手。

照屋厚仁選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時にリーグ戦勝率5.38(準優出3回、優出1回)の成績を残した。

2006年5月17日に尼崎競艇場で開催された「デイリースポーツ杯争奪ささはら賞競走」初日の2Rでデビューし、7月26日に児島競艇場で6コースから抜きを決めて初勝利を飾った。

2010年4月19日に津競艇場で開催された「G3第13回プリンスカップ 新鋭リーグ戦競走第5戦」で初優出し、優勝戦では3着に入った。

2018年12月30日に尼崎競艇場で開催された「日本財団会長杯争奪 第31回今年もありがとう競走」で、2コースからまくりを決めて初優勝を飾った。

照屋厚仁選手の特徴・得意なコース

続いては、照屋厚仁選手の得意なコースを見ていこう。

照屋厚仁選手は、インコースを得意としている選手で、1コースに入った時は高確率で1着を獲っている。また3コースも得意としていて、3着内率では1コース(72.5%)に次いで高い56.1%をマークしている。

照屋厚仁選手の平均スピードタイミングは0.18と、遅めのスタートタイミングとなっている。スタート事故は少ないことから、スタートに慎重な選手と言える。

照屋厚仁選手は、現在のところ重賞競走での優勝歴がなく、一般競走での優勝歴も前述の「第31回今年もありがとう競走」以降はない。

照屋厚仁選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • なし

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ